調理をしていて必ず使うのがフライパン(frying pan)

主婦なら一日に1回は必ず使いますよね。そんな大事な調理道具のフライパンですが、結構みなさん不満を持ちながら使っています…

例えば
「加熱中コーティングがハゲた部分に当たってた食材が取れない」
「すぐに食材が焦げ付くようになってきた」
「重くて取り回しが悪い」

こんな悩みや不満を抱えたまま皆さんまだフライパンが使えるからと使用し続けています。
イライラするのが勿体無いですし、せっかく料理するなら楽しく快適に美味しいものを作りたいですよね。

でも今どんなフライパンがおすすめか分からない。という方のためにフライパンの情報をまとめてご紹介します。

理想のフライパン=手入れしなくてもずっと焦げ付かないフライパン

こんなフライパンあったらぜひ買いたいな。欲しいなって理想的なフライパンありますか?

おそらく皆さんの理想的なフライパンって「手入れしなくてもずっと焦げ付かないフライパン」ですよね。
悩みNo1の焦げ付きが手入れ不要でずーっと長年くっつかないままなら凄く魅力的ですよね。

更に欲を言えばIH・ガス両方対応

手入れ不要で長年使えて焦げないフライパンは、ガスだけでなく、IHにも対応していると嬉しいですね。

今は、ガスを使っていても転居(引っ越し)やキッチンの入れ替えでIHになる可能性もありますし、IHからガスに変わることも考えられます。
その度にお気に入りのフライパンをコンロによって買い換えるのは面倒ですし、出来ればしたくないです。

なので、今から新しいフライパンを買う。新調する。と言う時はガスもIH調理器にも対応しているものが理想となります。
出来るだけ、両方の調理器に対応したフライパンを買いましょう。

軽くて収納もラク

次に理想のフライパンでいうと、収納しやすい。軽くて料理がラクっていうのが人気です。

料理中にちょっとフライパンを持ち上げるっというにしても、何回もやっていると重たいフライパンでは、大変。腕が疲れてしまいます。。。
料理は筋トレだ!という意思を持っているなら重たいフライパンもいいですが、普通は軽くて料理しやすいフライパンが欲しいですよね。

特に重たくて困る場面が、出来上がった料理をお皿に移す時。
お皿に料理を移すときは片手でフライパンを持ちながら、もう片方の手で木べらで移したりします。

でも重たいと片手では傾けれなかったり、プルプルしてしまいます。

そんな想いをしないためにも軽いフライパンを選びましょう。

収納も最近スタンダードになりつつある、取っ手が取れるタイプが嬉しいです。

取っ手が取れるタイプは収納面だけでなく、取っ手との接続部分もしっかり洗えるから衛生的で安心して使えます。
そんな意味でも取っ手が取り外せるタイプはおすすめです。

フライパン全体にまんべんなく火が通る

最後に使っていてなんだかなーと思うのが、火の通りが偏ってくるフライパン。
粗悪なものだと購入初めから火が上半分の面ばかり通ってしまったり。。。ということも。

しっかりフライパン全面に火が入るものを選びたいですね。

食材が全然くっつかないと人気で理想的なオススメ フライパン

理想的なフライパンのまとめ。
新しくフライパンを選ぶ時に必ず確認したいこと一覧

  • 長い間使っても焦げ付かない
  • 適度な重さもしくは軽いフライパン
  • 取っ手が外れるタイプで収納や衛生面ばっちり
  • 火の通りが全面に均一のフライパン

購入するならこんな理想的なフライパンを安く買いたいものです。
検索するのが便利な世の中になったとはいえ、こんなフライパン無いかなーと探してみてもなかなか見当たりません。

「おすすめ フライパン」で見ても惜しい!という商品がいくつも。
良いなって思ったフライパンも半年使い続けていたらもう焦げ付きが出来てきました。。。という口コミまで。

そんなときに見つけたのが、ダイヤモンドコートのフライパン。

プライムダイレクトで販売されているダイヤモンドコートフライパンは、上記の理想を叶えていました。

焦げ付きはダイヤモンド加工を含めた5層構造で丈夫で長持ち。耐摩耗テストもきちんとしていて10万回の検査にクリアしているフライパンです。
購入してみて本当に焦げ付かなくてビックリ。
目玉焼きも油いらずでスルッと皿によそうことができました。

>プライムダイレクトのダイヤモンドコートフライパンの詳細へ

今人気のフライパンは口コミの評判も良し!

理想的なダイヤモンドコートフライパンは、購入者の口コミでも好評判。

半年使い続けましたが、全然くっつかない。
まだまだ使えそう。

そんな口コミばかり。お値段も6点セットで9800円と経済的。

焦げ付いてだんだん料理が億劫になったことありませんか?

主婦の皆さんに料理をしていてイライラしたことは?で上位なのが、フライパンへの焦げ付き、食材がくっつく。という問題。

フライパンを買った後にそんな悩みに悩まされなくて済むように、今オススメのコーティング加工がされたフライパンを買いましょう。

今オススメのフライパンのコーティングはダイヤモンドコート

フライパンの加工で間違いなく今イチオシは「ダイヤモンドコーティング」

ダイヤモンドコートフライパンは、ホントに素材がフライパンにくっつかないし、油も全然使わないから健康的。
テフロンや、セラミック加工のフライパンより断然おすすめです。

その他のコーティングのメリット・デメリット

テフロンのフライパン
セラミックのフライパン
マーブルコートのフライパン