オールパンの口コミ評判はホントはどうなの?アサヒ軽金属で1番おすすめのフライパン

アサヒ軽金属 テフロン(フッ素)フライパン

オールパンメイン

人気のフライパンを知らないと損する!?
人気のフライパンを知らないと損する!?
フライパンのランキング
  • あなたの探していた理想のフライパンが見つかるかも!?
  • 時間がなくても“今”人気のフライパンが一目瞭然
  • お得なキャンペーン情報も公開中!

フライパンの人気ランキングを見る

まだ間に合う!年内到着

> 貝印 たらば&本ズワイ食べ比べセット

(今ならカニスプーン 2本付いてくる)

アサヒ軽金属のオールパンの口コミ評判

アサヒ軽金属で今1番おすすめのフライパン「オールパン」の口コミ評判や種類ごとの違いをまとめました。

アサヒ軽金属のフライパンは3種類
  • 取っ手が固定されている『オールパン』
  • 取っ手が取り外せる『オールパンゼロ』
  • 軽い『オールライト』

それでは600万台突破の万能フライパン オールパンの本当の評価・満足度を購入者の口コミから見てみましょう。
口コミ情報は、通販ショップのレビューやツイッター、知恵袋、個人ブログからまとめてきてます。

楽天市場が最安値

※クーポン利用で1番安くなります。更に楽天ポイントがついてお得

オールパンの良い口コミ

それでは、まずはアサヒ軽金属のオールパンの良い口コミから見て下さい。

  • 油を全然使わなくても調理できるからヘルシー!
  • 煮ることもできるから使い勝手がいい
  • オールパンでご飯を炊くと美味しいしおこげも作れる
  • 少量の水で野菜や卵を茹でることができる
  • 再加工できるので焦げ付いてきても安心

3年以上毎日オールパンを使っても焦げ付かないという意見も。

SNS・ツイッターでの生の口コミはこちら

オールパンの悪い口コミ

  • 重いので片手で持つのが大変
  • 再加工費用が5000円と高い
  • フライパンの価格が他のテフロンフライパンに比べて非常に高い

その他一部の口コミで半年、一年以内にコーティングが剥がれたのか焦げ付きだしたというのも見られました。

しかし、オールパンは全体的に口コミでの評判は良い意見が多く、悪い意見をなかなか見つけることが出来ませんでした。
購入した皆さんからかなり満足の声がみられます。

ツイッターでの悪い口コミはこちら

ただ上の口コミを書いた人の別の意見として下の感想もあります

購入の参考になるオールパンのレビュー

時間がある人は、ぜひ読んでほしいオールパンのレビュー記事です。(別のサイトに飛びます)

1年間毎日オールパンを使った感想
オールパンを1年間使ってみた上での感想・評価を知ることができます。実際の写真も多く、購入の参考になりますので、ぜひ読んでから検討してください。

【レビュー】アサヒ軽金属オールパン ゼロ 2年使ってみた結果(KŌJIYA じゃばみのブログ)
オールパンを2年間使ってみた上で感じたデメリット・メリットについてレビューされてます。耐久性についても書かれていますので、コーティングがどれくらい持つのか?知りたい人はぜひ。

アサヒ軽金属のフライパン種類|どう性能が違う?

オールパンとゼロの違い

オールパンとゼロの違いは取っ手が取れるかだけ

アサヒ軽金属のオールパンの情報を見ていくと、「オールパン」「オールパンゼロ」「オールライト」の3つ種類があります。

オールパンとオールパンゼロの違いは、ハンドル・取っ手がフライパン本体から取れるかどうか。

取っ手が取れることでフライパンの収納は場所を取らなくなったり重ねやすくなったりしますし、取っ手の付け根も洗えて衛生的ですよね。

ただ、取っ手が取り外せると取っ手が壊れたりと少し耐久面は劣ります。

それでも取っ手が取り外せるメリットは大きいので、今購入するならオールパンゼロの方がおすすめです。

オールパンとオールパンライトの違いは、軽さと値段です。

オールパンの26cmが約1.2キロあるのに対して、オールライトの26cmは約0.95キロとかなり軽く作られています。
フライパンの性能は同じで、重さだけ違うので、オールライトの方が扱いやすいです。

ただし、オールライトの値段がオールパンよりも4000円ほど高くなっていますのでお財布と相談して購入を決めましょう。また軽い分だけ本体が薄くなっていますので、蓄熱性は優れません。

更に再加工サービスも対象外となっています。

3種類の違い
  • ハンドルの着脱が出来ない『オールパン』
  • 取っ手が取り外せる『オールパンゼロ』
  • 軽い『オールライト』

以上、2016年よりフライパン専門サイトとして多くのフライパンを見ている私としては、オールパンゼロをおすすめします。

オールパンを1番安く買うには?最安値を比較

オールパンはどの販売店で買うのが1番安いのかアマゾン、楽天市場、公式通販サイトで調べました。

その結果、最安値は『アサヒ軽金属の公式通販ショップ』が1番安く買えるところとなります。

最新調べで最安値は『楽天市場』が1番安いことが分かりました

オールパンゼロ26cmと22cmの2つのフライパンがセットになった商品

価格送料
公式通販19,690円送料無料
アマゾン19,690円770円
楽天市場31,790円送料無料

2020年12月8日調べの価格が上です。

アサヒ軽金属の公式通販の方が、19690円+送料無料と1番安いのでは?と思いますよね。

でも実際、楽天市場を訪れると、12,100円引きのクーポンがあり、それを使うだけで19690円+送料無料と公式通販と同じ価格になります。

更に、楽天なら楽天ポイントが589ポイントも付きます!更に更に、買い周りやスーパーセール時に買うことで10倍以上のポイントを狙えます

楽天ポイントがいっぱい付く

楽天ポイントがいっぱい付く

1番購入が多い26cmフライパン単品の購入の場合

公式販売店で、11990円税込み、送料無料。
アマゾンで、11990円税込み、送料770円。
楽天市場で、19690円税込み、送料770円。

メルカリで12000円ほど、送料込みが何件がありました。ヤフーショッピングも楽天と同じ価格でしたよ。

ということで、オールパンの最安値は公式通販ショップで間違いなしです!

公式通販ショップはこちら
オールパンが1番安い公式通販ショップ

Amazon、楽天、ヤフーはこちら

再加工サービスでオールパンをより長く使う

アサヒ軽金属のオールパンには、再加工サービスがあります。

再加工サービスとは、オールパンの表面にコーティングされているテフロン樹脂を再度、コーティングし直すことを指します。

長くオールパンを使っていくと、どうしてもフライパン表面が削れて焦げやすく、くっつきやすくなります。

普通ですと、くっつくようになったフライパンは捨てるしかないのですが、再加工サービスを利用すれば、また新品同様の表面コーティングがされたフライパンが使えるようになるのです。

再加工サービスのお値段は、5500円+税です。以前は5000円でしたが値上がりしたようです。

また送料は、片道のみの負担となっています。なので、プラス1000円くらい見ておきましょう。

公式通販サイトのフライパンサイズと価格一覧

オールパンのサイズと価格

サイズカラー価格
22cmショコラ12,852円
26cmショコラ18,252円

オールパンよりもオールパンゼロをおすすめしているのかサイズ展開が少ないです。
ぜひ入門セットもあるオールパンゼロを選びましょう。

オールパンゼロのサイズと価格

サイズカラー価格
20cmショコラ15,012円
24cmショコラ17,172円
26cmショコラ18,252円
オールパンセット22cmショコラ、マンゴー、ピンク10,692円

また着脱式ハンドルは、3,780円となります。
通常の単品にはハンドルが1本付いてますので、購入時には不要かと思います。

オールパンセットは取ってもお買い得です。普通に買うよりも6500円も安いので、まずはこれを買うのがベターでしょう。

全て価格は税込み表示です。

オールパンのよくある質問

修理、再加工はできますか?
オールパンには、『再加工&クリーニング』サービスがあります。

5,500円税別、片道送料負担で修理が可能です。購入時のような新品のフッ素コーティングがされて戻ってきます。

参考:「

ふるさと納税で貰うことはできますか?
アサヒ軽金属の本社工場が兵庫県加西市にあり、加西市の返礼品でオールパン、オールライト、オールパンゼロなどから選べます。

オールパンセット:寄付額45,000円
オールライト:寄付額30,000円~
オールパンゼロ:寄付額35,000円~
『オールパン』と『ゼロ』の違いは何ですか?
オールパンは、取っ手が固定されたフライパンです。
オールパンゼロは、取っ手が取れるタイプのフライパンです。

今買うならオールパンゼロクリア(取っ手が外れるタイプ)がおすすめです。
オールパンのサイズ一覧は?
オールパンの仕様書によると、20cm、22cm、24cm、26cmの4サイズです。

しかし公式通販や楽天、アマゾンでも22cmと26cmしか見つけることが出来ません。

実質2サイズのみです。
オールパンの重さ・重量は?
22cmが約1キロ。
26cmが約1.2キロ。

重たいフライパンに属します。