フライパンの重さで比較!軽いフライパンを探した結果おすすめはコレ

比較

重さを徹底比較軽いフライパンはどれ?-min

当サイト限定クーポンあり!!

> 有害物質を含まない貝印 イタリア製フライパン

※当サイト限定クーポン『fpsm20』入力で500円安くなる

重さでフライパンを選ぶ時の注意点

フライパンは軽ければ、取り回しもよく使い勝手がいい。と思いがちですが、そうとは限りません。

軽いフライパンも大事ですが、それと同時にフライパンの底の厚さも大事になってきます。

ススメちゃん
ススメちゃん

1番良いフライパンは底が厚くて、軽いフライパンが普段使いのフライパンに1番おすすめです。

テフロン系のフライパンの重さを比較

テフロン系のフライパンは、鉄フライパンやステンレスフライパンよりも圧倒的に軽く、しかも洗い物も楽で大変便利です。

そのテフロン加工がされたフライパンの重さを比較データにまとめました。

テフロン系は、「フッ素樹脂加工」「ダイヤモンドコート」「マーブルコート」「チタンコート」の表面加工が対象となっています。
各フライパンの詳細は商品名のリンクより参考にしてください。

基本的に26cmフライパンの重量で比較しています。全て税別表示(参考価格)です。
ただし「」が付いている商品は26cmのサイズが無く24cmか28cmのサイズで比較しています。

商品名メーカー・ブランド名重さ価格
健康フライパンルール1490g※2815800円
KITCHEN CHEFアイリスオーヤマ907g2480円
スターシェフマイヤー932g5700円
スーパーストーンバリアフライパンコパ・コーポレーション940g5500円
IHハイキャスト北陸アルミニウム1070g5500円
オールパンアサヒ軽金属1100g16900円
レミパン平野レミ1160g※2410000円
インジニオ・ネオティファール850g4140円
TVS mito貝印780g5000円

テフロンで軽くておすすめのフライパン

テフロン系のフライパンで1番おすすめは、軽量でありながら底もしっかり厚い「貝印のTVS mitoフライパン」。

軽いフライパンにありがちな、生産国が中国や韓国。
貝印のTVS mitoフライパンは、イタリア製ですので安心。

テフロンと聞くと「有毒ガスや有毒物質が溶け出すのでは?」と心配な方もいらっしゃいますが、このフライパンは有害物質を含まないPFOA / PFOS FREE 認証基準をクリアしているのでとっても安全です。

軽さ、底の厚さ、安全性、そして焦げ付かなさと今イチオシの貝印フライパンです。

鉄フライパンの重さを比較

鉄フライパンは材料が鉄ですので、どうしても重くなります。

それでも軽い鉄フライパンは存在しますので、重さで比較してみましょう。

商品名メーカー・ブランド名重さ価格
リバーライト極リバーライト950g5500円
鉄フライパン柳宗理1080g※255000円
魔法のフライパン錦見鋳造980g10000円
鉄エンボス双葉工業830g2000円

鉄のフライパンで軽くておすすめのフライパン

鉄のフライパンで安くて軽いのは、鉄エンボスの双葉工業の鉄フライパンです。

ただ、双葉工業のフライパンは底が薄いという意見もあるため購入前には他のフライパンとの比較が必要です。

次におすすめしたいのは、リバーライト極。
リバーライト極は口コミでの評価も高く、メンテナンス・お手入れも鉄フライパンながら楽ととてもいいフライパンです。

鉄エンボスと比べると値は張りますが、十分検討価値はありますよ。

ススメちゃん
ススメちゃん

私はデザインやお手入れがしやすいリバーライト押しです。

ステンレスフライパンの重さを比較

ステンレスのフライパンはまだ商品情報をまとめているページを作成中の為あまり比較数がありません。
また現状フライパンを購入しようと考えている人へのオススメとは言えません。

当サイトでは、手軽に扱うならテフロン系。メンテが面倒ですが一生使うなら鉄をおすすめしています。

なので、あまりステンレスフライパンについてまとめていません。

商品名メーカー・ブランド名重さ価格
クリスピープレミアムフィスラー1480g24000