テフロン加工のフライパンは危険!有害って噂はホントなの?実際の所

テフロンフライパンは身体に有害!?

焦げ付かないで有名なテフロン加工のフライパンですが、こんな噂聞いたことありますよね。

「テフロンが溶け出して人体に影響がある」「身体の中にテフロンが蓄積する」「奇形児が生まれる」「有毒ガスが発生する」など

今回はこれらの噂が本当かどうか検証してみましょう。

そもそもテフロンとは

まずはそもそもテフロンとは、どういったものなの?ということです。

テフロンはアメリカのデュポン社の特許となっています。その為他の企業ではフッ素樹脂加工という表現を使っています。
このフッ素樹脂加工を行うことで、フライパンの素材(鉄、スチール、アルミなど)と食材との間に膜を設け、加熱しても金属にくっつかない、焦げ付かない仕組みとなっています。

テフロンが剥がれてくる、なくなってくるとその部分は直接フライパンの金属と素材が当たりますので、くっつく、焦げ付くという具合です。

テフロンは、熱や摩擦に弱くい表面コーティングになります。
その為高温(260度以上)や金属のフライ返しでのこすり、たわしでの洗浄を行うとすぐにダメになってしまいます。

食材をくっつけないテフロンのフライパンは、1965年に日本に登場してきてから途端に広がりました。
そんな便利がテフロン加工のフライパンですが、有害性がある。危険であるという声が上がっていきました。

本題。テフロン(フッ素)フライパンの使用は有害?噂のワケとは

テフロン、フッ素樹脂加工のフライパンの使用が有害と言われる理由は2つあります。

1.加工する時に使用するペルフルオロオクタン酸(PFOA)とフッ素樹脂の体内への蓄積
2.高温加熱時にテフロンから有毒ガスが発生する

この2つの危険性がテフロン加工フライパンの噂の正体です。

この危険、有害派と真っ向から反論しているのが、安全派の意見です。
そちらも見て下さい。

2つの意見が対立!フッ素樹脂安全派の方に軍配

テフロン・フッ素樹脂は安全!という方々の声です。

米国連邦食品医薬局から、人体に毒性はない

デュポン社からは、テフロンが剥がれて食べてしまっていても体内で化学変化を起こすこと無く体外へ排出される。すなわち安全であると言っています。
また厚生労働省、米国連邦食品医薬局、欧州食品安全機関など厳しい団体の基準に合格しているとも言っています。

フッ素樹脂の安全性を見るために動物実験を行った研究機関のデータでもマウスに90日間食べ物の25%にフッ素樹脂を混ぜて与えたが、異常は一切見られなかったと言われています。

テフロンは危険なの?のまとめ

今回テフロンの危険性、有害性を調べれば調べるほど、噂側に信ぴょう性のある文献が出てこなかったという点が答えかなっと思っています。

当サイト(フライパンのススメ)としてのテフロン加工のフライパンの結論はこれです。

テフロン・フッ素樹脂自体は人体に影響はない。
ただし高温加熱をした際の有毒ガスの発生は否めない。その為有毒ガスが発生するとされている349度以上まで加熱すると危険。(通常のフライパンの使用ではここまでの高温はありえない)

この結論になりましたが、鵜呑みにすることなく、参考にして頂くようお願いします。
まだしばらくはテフロンの有害論争は続きそうです。

私としては、テフロンのフライパンが入ってから50年以上経っているのにそのような事例が具体的に出てきていない。ということ、そして上記のような安全派の意見を見るとテフロン加工のフライパンは使用できるなっと思っています。

テフロンのフライパンは本当にくっつかないし焦げ付かないから便利ですからね♪

ただ小さいお子さんがいる家庭では注意して使いたいところです。
中火より上の強火を使用しないといった制限を明確に設けたほうがいいのでは?と個人的に思います。

テフロンのフライパンで有名なメーカー・商品は?

テフロンで有名なメーカーと言えばティファールですよね!
その他には男子ごはんで有名なケンタロウさんおすすめのマイヤーというメーカーも有名で高評価です。

ティファールの詳細はこちら
マイヤーの詳細はこちら

>人気おすすめのテフロンフライパンランキング

テフロンに代わる新しいコーティング技術が誕生!テフロンより高寿命

テフロンはもう古いコーティング技術になってきています。
最近は、テフロンの良い所を取りつつ高寿命のフライパンが登場してきています。

通常テフロンのフライパンの焦げ付かないという期間は、半年から一年ほどの使用で寿命が来ます。
しかし、最新技術のコーティング加工のフライパンは2年以上持ちます。もちろんテフロンと同じようにお手入れは楽ちん、そして安全。

その加工方法は、ダイヤモンドコーティングというものです。

>2年以上焦げ付かないダイヤモンドコートフライパンの特徴と詳細