綺麗に魚を焼くならフライパン用アルミホイル-min

魚をフライパンで焼いた時に、焦げ付いてしまってうまく焼けなかったという経験はありませんか?しかし、魚焼きグリルを洗うのは面倒だから、フライパンで焼きたいということもありますよね。

そこで活躍するのが「フライパン用アルミホイル」なのです。今手軽に美味しく魚や肉がフライパンで焼けることで人気です。普通のアルミホイルとはどのような違いがあるのでしょうか?フライパン用アルミホイルについてご紹介します。

クックパー フライパン用ホイル 25cm×12m

クックパー フライパン用ホイル 25cm×12m

495円(06/17 08:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

フライパン用アルミホイルとは

フライパン用アルミホイルは、フライパンの上に敷いて、その上で肉や魚などの食材を焼くことができるというアルミホイルです。表面にシリコーン樹脂加工が施されているので、食材がくっつくことがありません。

魚だけでなく、肉やや卵焼き、餃子やホットケーキなどいろいろな料理に使え、料理の幅が広がります。

普通のアルミホイルとの違い

普通のアルミホイルとはなにが違うのかというと、最初にあげましたが、シリコーン樹脂加工がされているということです。普通のアルミホイルを同じように使用すると、こびりついてしまいます。

また、普通のアルミホイルは、薄いのですぐに破れてしまいますが、フライパン用アルミホイルは丈夫に作られているので、その上で調理をしても破れにくくなっています。

フライパン用アルミホイルのメリットデメリット

フライパン用アルミホイルは、使い勝手が良く魚を焼く時に大活躍してくれるアイテムです。しかし、デメリットもあるので、確認しておきましょう。

メリット

グリルの掃除が不要

魚焼きグリルを使った後は、下に落ちた脂を掃除するのが大変ですよね。網にこびりついてしまった汚れも取れにくくなっています。一方、フライパン用アルミホイルを使えば、アルミホイルを捨てるだけで良いので、あっという間に片付けが済んでしまいます。面倒なグリルの掃除は不要です。

ノンオイルで調理ができる

フライパン用アルミホイルは、油を敷かなくても食材がくっつくことがありません。よって油を使わず、ノンオイルで調理ができるのです。ヘルシーな料理を作ることができるので、食事制限をしている人にもおすすめです。

フライパンが長持ちする

フライパン用アルミホイルを使えば、フライパンが汚れることがないので、サッと洗うだけで大丈夫です。フッ素加工をしているフライパンは、汚れがこびりついてしまってゴシゴシと洗っていると、どうしてもコーティングがはがれやすくなってしまいます。

洗うという摩擦が減ることで、コーティングが長持ちするようになるので、フライパンを長持ちさせることができます。

漬け込んだ魚も焦げつかない

醤油や味噌、砂糖などに漬け込んで下味をつけた魚や肉を焼いた時に困るのが、焦げ付きです。こびりついてしまって、なかなか落ちないですよね。そこで、フライパン用アルミホイルは活躍してくれます。

こんがり焼いても、こってりタレがついていても、シリコーン樹脂加工されているので、するっとはがれてこびりつきません。美味しく焼き色が付けられます。そして、掃除をする必要もないので楽ちんです。

干物の臭いを少なくできる

魚を焼く時に気になるのが、臭いという人も多いでしょう。特に干物は気になります。そこでフライパンでふたを使って焼けば、臭いが広がりにくくなります。少量の水を垂らして蒸し焼きのようにすると、ふっくらと柔らかく仕上がって美味しく食べられますよ。

デメリット

高価

フライパン用アルミホイルは、普通のアルミホイルよりも価格が高くなります。そして、フライパン用アルミホイルを敷くことで、使わない時よりも余分に費用が掛かることになります。しかし、洗う手間やフライパンの劣化を考えると、そこまで高くつくものでもありません。

最近は100均にも「くっつかないホイル」として、シリコーン樹脂加工されたアルミホイルが販売されています。試してみるのに良いですよ。

脂が下に落ちない

魚や肉をグリルで焼く時には、網の下に余分な脂を落としてくれます。しかし、フライパン用アルミホイルだと、食材から出た脂がそのまま流れ出た状態になります。こまめにキッチンペーパーで拭き取る必要があるのです。脂がのった魚を焼く時には、グリルの方がパリッと仕上がるでしょう。

クックパー フライパン用ホイル 25cm×12m

クックパー フライパン用ホイル 25cm×12m

495円(06/17 08:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

フライパン用アルミホイルの使い方

フライパン用アルミホイルはどのように使うと良いのでしょうか?使い方をご紹介します。

  1. フライパン用アルミホイルには、表と裏があります。「表」と分かるように表示してあるものがほとんどなので、表を上にしてフライパンの大きさに合わせて敷きます。
  2. 食材をアルミホイルの上にのせてから、火をつけます。弱火~中火で料理します。
  3. 調理が済んだら、アルミホイルを外して捨てるだけです。

フライパンからはみ出さないように注意しましょう。食材を動かす時には、破れないように調理器具は、木製やシリコン製などにすると良いでしょう。

フライパン用アルミホイルは大活躍のアイテム

フライパン用アルミホイルは、シリコーン樹脂加工されているアルミホイルです。魚を焼いても、くっつくことがありませんし、後片付けも簡単です。グリルを使わなくても上手に魚が焼けるので、1人暮らしの料理やお弁当のおかずなどを作る時にも大活躍してくれます。

少し費用はかかりますが、ストレスなく魚が焼けるのは嬉しいところです。魚だけでなく、肉も卵もきれいに焼くことができるので、いろいろな料理に使えて便利です。フライパンを長持ちさせることもできますよ。フライパン用アルミホイルはとても使い勝手が良いので、ぜひ試してみて下さい。

ランキングからフライパンを選ぶ

鍋・フライパンのセット
フライパン単品
取っ手が取れるフライパン
ガス火専用フライパン
総合人気フライパン ランキング

知っておきたいフライパンのこと

今買うならチタン加工がされたフライパンがオススメの理由(表面加工の比較) フライパンの失敗しない選び方 フライパンを劇的に長持ちさせる方法 結婚や新築祝いなど贈り物に喜ばれるフライパン

人気フライパン記事