重さを徹底比較軽いフライパンはどれ?-min

重さでフライパンを選ぶ時の注意点

フライパンは軽ければ、取り回しもよく使い勝手がいい。と思いがちですが、そうとは限りません。

軽いフライパンも大事ですが、それと同時にフライパンの底の厚さが大事になってきます。

1番良いフライパンは底が厚くて、軽いフライパンが普段使いのフライパンに1番おすすめです。

テフロン系のフライパンの重さを比較

表面加工されたフライパンの重さを比較データをまとめました。

テフロン系は、「フッ素樹脂加工」「ダイヤモンドコート」「マーブルコート」の表面加工が対象となっています。
各フライパンの詳細は商品名のリンクより参考にしてください。

基本的に26cmフライパンの重量で比較しています。全て税別表示です。
ただし「」が付いている商品は26cmのサイズが無く24cmか28cmのサイズで比較しています。

商品名メーカー・ブランド名重さ価格
健康フライパンルール1490g※2815800円
KITCHEN CHEFアイリスオーヤマ907g2480円
スターシェフマイヤー932g5700円
スーパーストーンバリアフライパンコパ・コーポレーション940g5500円
IHハイキャスト北陸アルミニウム1070g5500円
オールパンアサヒ軽金属1100g16900円
レミパン平野レミ1160g※2410000円
インジニオ・ネオティファール850g4140円

テフロンで軽くておすすめのフライパン

テフロン系のフライパンで1番おすすめは、軽量でありながら底もしっかり厚い「プライムダイレクトのダイヤモンドコートフライパン」。

値段も他のフライパンと比べて安く購入することができます。
またコーティング方法もダイヤモンドコートと従来のフッ素樹脂加工よりも長持ちする表面加工方法を取っています。

鉄フライパンの重さを比較

商品名メーカー・ブランド名重さ価格
リバーライト極リバーライト950g5500円
鉄フライパン柳宗理1080g※255000円
魔法のフライパン錦見鋳造980g10000円
鉄エンボス双葉工業830g2000円

鉄のフライパンで軽くておすすめのフライパン

鉄のフライパンで安くて軽いのは、鉄エンボスの双葉工業の鉄フライパンです。

ただ、双葉工業のフライパンは底が薄いという意見もあるため購入前には他のフライパンとの比較が必要です。

次点でおすすめしたいのは、リバーライト極。
リバーライト極は口コミでの評価も高く扱いやすい状態で購入できるのも特徴の1つ。

ステンレスフライパンの重さを比較

ステンレスのフライパンはまだ商品情報をまとめているページを作成中の為あまり比較数がありません。
また現状フライパンを購入しようと考えている人へのオススメとは言えません。

当サイトでは、手軽に扱うならテフロン系。メンテが面倒ですが一生使うなら鉄をおすすめしています。

商品名メーカー・ブランド名重さ価格
クリスピープレミアムフィスラー1480g24000

ランキングからフライパンを選ぶ

鍋・フライパンのセット
フライパン単品
取っ手が取れるフライパン
ガス火専用フライパン
総合人気フライパン ランキング

知っておきたいフライパンのこと

今買うならチタン加工がされたフライパンがオススメの理由(表面加工の比較) フライパンの失敗しない選び方 フライパンを劇的に長持ちさせる方法 結婚や新築祝いなど贈り物に喜ばれるフライパン

人気フライパン記事