セラミックフライパンの使い心地はどうなの?

セラミックフライパンは、優れた機能と白い見た目が特徴的なため最近では、おしゃれなフライパンとして人気が高くなっています。

しかしフライパンの表面が白いため、鉄フライパンと違って焦げ付いたりしないの?と不安になる人も多いかと思います。

そんなセラミックフライパンですが、実際は焦げ付きにくく滑りが良いため、調理後のお手入れも楽に行うことができるので安心です。

そもそもセラミックフライパンとは、セラミックでコーティングのされたフライパンのことで、セラミック製のフライパンということではありません。

このようにセラミックコーティングをすることで、より利便性が高くなるのです。

しかしセラミックフライパンは現在においてさまざまなメーカーから発売されており、どれを選べば良いか悩んでしまう人も少なくありません。

よって今回はおすすめのセラミックフライパンや詳しい特徴などについて説明していきます。

セラミックフライパンの詳しい特徴

セラミックフライパンは、なんといっても耐熱性やその硬さが特徴です。

このセラミックフライパンの「セラミック」は、コーティングで耐久性や硬さを有してるので、耐熱温度も、約400℃までと言われており、通常の料理で400℃を超えることはめったにないため、それだけでもセラミックフライパンの丈夫さが分かりますよね。

さらにセラミックフライパンの魅力は、フッ素フライパンと違って有毒物質が排出されることも無いので、安心して使用することができるという点です。

このようにフッ素加工フライパンは不安で使用できないという人にも、安全性の高いセラミックフライパンをおすすめします。

またテレビCMでセラミックフライパンの存在を知ったという人もいるかと思いますが、セラミックフライパンは焦げ付きにくく、お手入れが簡単なのがどのメーカーでも共通して最大の売りになっているのも特徴です。

セラミックフライパンを使用する際の注意点

普段使いにおすすめのセラミックフライパンですが、注意点が2つあります。

火加減

上記で述べている通りにセラミックフライパンは、他のフッ素加工フライパンとは違って耐熱性が高いですが、急激な加熱をしてしまうと劣化させてしまう原因となります。

よって加熱で有毒物質が出ることはありませんが、劣化を避けるために空焚きなどには注意が必要です。

油の使用

セラミックフライパンは焦げ付きにくいですが、使用する際には油をちゃんと使用するようにしておきましょう。

このときに使用する油の量は、通常のフライパンと違って薄っすら表面をコーティングできる程度の少量で問題ありません。

セラミックフライパンは、油を使用することで非粘着性が高まり、くっつきや焦げ付きの防止となります。

またセラミックフライパンを使用したけど焦げ付きがひどいと言う声もありますが、これらの意見は共通して油を使用していない人が大半です。

おすすめのセラミックフライパン5選!

セラミックフライパンが気になるけど、購入の際にはどこのセラミックフライパンが良いのか悩んでしまいますよね。

そこで人気の高いおすすめのセラミックフライパンをご紹介致しますので、選ぶときの参考にしてみて下さい。

京セラ セラブリッドフライパン

京セラのセラブリッドフライパンは、京都に本社があり、日本製なので安心して使用することができます。

このセラブリッドフライパンは、セラミックフライパンとしての人気も高く、お手入れの楽さなども口コミに多く書かれているのが特徴です。

またセラミックフライパンの種類も豊富に販売されており、自分の求めているものを見付けるには持って来いのメーカーになるかもしれません。

GSW セラミックフライパン

GSWのセラミックフライパンは、耐久性や安全性が高く、高級調理器具としても有名です。

さらに熱伝導が良いため、細かい温度調節をしながら調理を行うことができます。

特bに高温調理をすることの多いひとには、GSWのセラミックフライパンがおすすめです。

アイリスオーヤマ セラミックマルチパン

アイリスオーヤマのセラミックマルチパンは、他のセラミックフライパンと比べて底も深めで、使い勝手の良いのが特徴です。

実際に多くの主婦が愛用しており、遠赤外線効果によって調理時間が短くなり、蓋をしたまま水差しをすることができるのが一番の魅力となっています。

またカラーバリーエーションも豊富なため、キッチンに合わせてカラーを選ぶことができるのもポイントです。

よっておしゃれなセラミックフライパンをお探しの人には、アイリスオーヤマのセラミックマルチパンをおすすめします。

グリーンパン フライパン

こちらの商品は重量を抑えながら作られており、女性でも使いやすくなっています。

その他にもフライパンの内側部分に取っ手を接合するリベットが無いので、こびり付いた場合でも簡単に汚れを落とすことができるのが特徴です。

また底面がへこむ心配も無く、熱を均等に通すこともできるので、この商品は特に軽いセラミックフライパンをお探しの人におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

セラミックフライパンといっても上記でおすすめのセラミックフライパンを紹介したように、たくさんの種類があります。

まずはその中から自分に合ったセラミックフライパンを見つけてみましょう。

商品の中には、返金保証が長いものもありますので、お試しに使用してみるのも良いかと思います。

セラミックフライパンは絶対に焦げ付くことが無いというわけではなく、正しい使い方をすることによって他のフライパンよりも焦げ付きにくくなります。

よって正しい使い方も把握し、長持ちするように処理を丁寧にして使うことが重要です。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング