「スキレット」の記事一覧

スキレットとは

スキレットは、厚手でしっかりとした鉄製のもので出来ており、ミニフライパンなのでアウトドアなどでも使用できる人気のフライパンです。

スキレットで調理をし、そのまま食卓に出すと雰囲気もおしゃれにもなり楽しむことができます。

また、素材が冷めにくく暖かいまま食事することができるので、お皿に移す必要が無くなり、そこもおすすめのポイントです。

まずは家庭で使用しているグリルやオーブントースターのサイズを調べてから、スキレットのサイズを選びましょう。

購入してからサイズが合わない!なんてことになると、がっかりしてしまいますよね…。

今では100円ショップでも見かける程手軽に購入することができるので、本格的な料理や雰囲気を出したい時などのためにも、ご家庭に一台購入しておいても損はありませんよ。

スキレットのメリットとは?

それでは、実際にスキレットを使用して得られるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

1. 調理法が豊富

スキレットで焼くお肉は絶品ですが、蓋をすることで蒸すこともでき、底の深いタイプのものでは煮物を作ることも可能です。

また蓋をすると浅めのお鍋のようになり、揚げ物やムニエルなど、スキレットでの調理方法はたくさんあります。

今ではスキレットを使ったレシピ本もでているので、調理の幅も広がりお料理が楽しくなること間違いナシです!

2. ガス、IH、オーブンで利用可能!

スキレットはガスやIH、オーブンでも使用することができ、それも人気のポイントの1つです。

さらにそれだけでなく、スキレットはグリルでも使用することができるため、購入する際にはサイズをご家庭のオーブンやグリルに入るものを目安に選ぶことをおすすめします。

ですがスキレット本体がかなり熱くなりますので、取り出すときには注意しておきましょう。

そして通常のフライパンを使用するように炒めものするときにも使える上、スキレットは熱をムラなく通すことができるので振る必要も無く、料理も楽にすることができます。

3. 長持ちする

お手入れをちゃんとしてあげることでスキレットは一生使うこともでき、買いかえる必要が無くなります。

スキレットは使用するほど焦げ付きにくくなりますが、焦げ付いてしまった場合には、焦げを軽く落とし、キッチンペーパーなどで油を染み込ましておきましょう。

油を表面に馴染ませてあげることで、サビの防止にもなります。

4. 料理が冷めない

お皿に移していると料理自体も冷めるのが早いですが、スキレットはそのまま食卓に出すこともでき食べ終わるまでアツアツの状態をキープすることができます。

このように、鉄板のファミレスやお店で食べているような雰囲気も味わえるので、そのポイントにおいてもおすすめの商品です。

5.使う場所を選ばない

底の深いものからフライパンのようなものまで種類も多くあり、アウトドアでも活用できます。

スキレットのデメリットは?

上記でスキレットのメリットをたくさん御紹介しましたが、その反対のデメリットもしっかり知っておきたいポイントですよね。

よって、これからスキレットのデメリットを一つずつ説明していきます。

1. 重たい

スキレットは熱伝導率が良く、具材に熱をムラ無く通すことができますが、スキレットは分厚く重たいので女性にとってはそこがデメリットになるかもしれません。

2. 器が冷めないのでお子さんがいるご家庭では使いづらい

スキレットは、調理後にそのまま食卓に出してアツアツのまま食べることができますが、スキレット本体は冷めにくく熱いため、お子さんが触ってしまうと火傷をしてしまいます。

よってお子さんのいるご家庭では、そのままではなく一旦お皿に移し、使用後の熱いスキレットはお子さんの手に届かないところに置いておくことが重要です。

3. お手入れがやや大変

上記でも述べていますが、スキレットはお手入れがとても重要になってきます。

焦げが残っていると次の使用時にも焦げ付いてしまったり、その臭いが移ってしまう恐れもあるため、焦げなどの汚れはしっかり落としておきましょう。

しかし、スキレットは洗剤を使うことでスキレットに慣らした油が全て取り除かれてしまい、逆に次に使用する際に焦げ付きやすくなってしまうので、タワシを使ってお湯洗いで落とす必要があります。

その他にもスキレットには、シーズニングといって油を馴染ませてあげる必要もあり、始めて使用する際には油を馴染ませて加熱を繰り返してから。

すぐに使わない場合は新聞紙などで包み湿気の少ないところで保管してあげましょう。

4. 大人数分を一遍につくれない

スキレットはサイズの小さなものが多く、一度に大人数分の料理を作ることができません。

スキレットはどんな料理に最適なの?

ハンバーグ

スキレットでの料理で1番人気なのがハンバーグです。

いつものハンバーグを作るようにスキレットで焼き、そこに蓋をして蒸しますが、このとき水を入れず蓋をするだけで簡単にお店のハンバーグのようなジューシーさが再現できます。

ステーキ

スキレットを熱してからオリーブオイルを入れ、肉の両面に焼き色を付けたら、後は弱火で火を中まで通していきます。

そうすることで安いお肉も中に肉汁が閉じ込められるので、美味しくなります。

唐揚げ

唐揚げをするときには中火でスキレットに蓋をし、揚げるのがポイントです。

蓋をすることで中までしっかりと火を通すことができるので、時間もその分短縮することが可能です。

パンケーキ

熱伝導率が高いスキレットは、1度温めればそのあとは弱火で何枚もパンケーキを焼くことができます。

いかがでしたか?

スキレットは簡単に料理ができるだけでなく、食卓をおしゃれにしてくれますよ!

ページの先頭へ