tak-mさんのクチコミ評価

商品名 ティファール インジニオ
購入場所 楽天市場
焦げ付き 酷い 所々 焦げ付かない
重さ 重い 普通 軽い
ヘタってきた はい いいえ 手入れの手間 手間
満足度 使用年数 約3年
お勧めフライパン ティファール

ティファールの使用レビュー・体験談

購入にあたって

友人に結婚祝いとして送ったことが購入のきっかけでした。(>喜ばれるフライパンのプレゼントにはどれが最適?
なかなか評判がよく、当時使っていたホームセンターで購入した安物フライパンがすっかり焦げ付くようになっていたので、この際鍋もひっくるめてセットですべて買い替えようとティファールインジニオを購入しました。

セット内容は26cmのフライパンとウォックパン、16cmと20cmのソースパン、それに16cmと20cmのガラス蓋とシリコン製の蓋、それから取り外せる取っ手が一つでした。

注意するのは、まず直火用かIH用かです。
我が家はガスコンロでしたので直火用でした。IH用を直火で使うことは可能ですが、直火用でアルミやセラミック製のものはIHでは使えません。直火用インジニオの底はアルミ製なのでIHでは使えませんので間違えないようにしましょう。

あとはセット内容ですね。
ティファールは何パターンかのセットがあって、それぞれ内容が微妙に違います。

一見同じように見えてもフライパンのサイズや種類、付属する蓋のサイズなんかが違ったりするので、比べるときには値段だけではなくセット内容もしっかり確認しなくてはなりません。

使用にあたって

使い始めは「さすがティファール」でした。何を焼いてもするすると滑って気持ちがいいくらい。もちろん消耗品ですので、使っていくうちに表面のコーティングが少しずつはがれ、くっつきやすくなっていくのは避けられません。ただ消耗を遅らせて、できるだけ長く使う努力はできるようです。

とにかく表面のコーティングがはがれないようにすることが肝心です。金属のへらが使用できると書いてありますが、出来ればシリコンや木製のへらを使ったほうが良いでしょう。
当然洗う際には金属たわしや磨き粉、やすりのようなものでこすらず、スポンジでやさしく洗いましょう。

使用直後の熱々のフライパンをすぐに水につけて洗ってはいけません。急激な温度差はコーティングを痛める原因になります。少しおいて冷ましてから洗いましょう。大丈夫です。少々置いておいてもコーティングがしっかり残っていれば、こびりついて汚れが落ちないなんてことはありません。

そして洗った後にすぐ重ねたりせず、ちゃんと乾燥させたほうが良いです。

それからこれは意外と知られていないようですが、高温での使用はできるだけ避けたほうがいいそうです。強火でずっと調理し続けることによって、長時間高温にさらされたコーティングがはがれやすくなってしまいます。
ティファールのコーティングは比較的耐久性に優れているといわれていますが、熱伝導が良く中火でも十分に加熱できますので、むやみに強火にする必要はないと思います。そのほうが光熱費も抑えられます。

さらに調理の際は少し油をひいたほうが良いです。初めのうちはひかなくても全くくっつかないので必要性を感じませんが、うっすらと油をひくことで表面を保護してくれますし、熱のまわりもよくなります。カロリーを抑えるために油を使いたくない、という人はいるでしょうが、ほんのわずかでも耐久性に違いが出るようなので、うっすらの引くことをお勧めします。

その程度のカロリーは誤差範囲でしょう。よっぽど気になるなら食材の質や量で相殺してください。

あと、これは私だけかもしれませんが、ソースパンを保存容器として使う際にシリコンの蓋をして冷蔵庫にそのまましまいます。これ自体はティファールの便利なところなのですが、後日とりだして温めようとしたとき、ついうっかりそのまま火にかけてしまいシリコンの蓋を溶かしてしまいました。普通はそんなミスはしないかもしれませんが、私のようなうっかり屋さんは気を付けましょう。

>フライパンを長持ちさせる方法

このフライパンを買って

総合的には買ってよかったです。
特にティファールの特徴である取り外し可能な取っ手は便利です。

我が家はフライパンをシンクの下に収納するのですが、取っ手が取れて重ねられると、かなりスッキリ収まってくれます。フライパンやソースパンに料理を入れたまま、蓋やラップをして冷蔵庫で保存することもできますし、そのまま食卓に出すこともできます。

最も重要なこびりつきについても、最初は感動的なくらいスルスルです。重量も基本アルミなので軽くて楽ちんです。
ただ二つ同時に火をかけて使う際には、取っ手が一つだとつけ外しが少々めんどくさいので、あとで取っ手だけもう一つ買い足しました。
フライパンだけでなくセットで買ったことで、調理器具に統一感が出て何となくガチャガチャした感じもなくなりました。

耐久性について

こびりつき、使いやすさ、保管方法とくれば最後は耐久性です。

私の場合、比較対象がホームセンターの安物フライパンですので不満はほとんどないです。セットの中でも一番使用頻度の高いフライパンも3年くらいはもちました。
そもそもは消耗品ですので永久に使えるはずもなく、あれだけのクオリティで3年もてばまずまずなのではないでしょうか。

他の人にオススメかと聞かれれば、オススメします。
ただ今度は鉄のフライパンを育てて使ってみたいという気もしています。

うまく育てれば一生もんらしいのですが…うまく育てる自信もあまりないので、結局またティファールで買い替えている可能性は高いと思います。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング