spread1010さんのクチコミ評価

商品名 ティファール インジニオ・ネオ
購入場所 ドン・キホーテ
焦げ付き 酷い 所々 焦げ付かない
重さ 重い 普通 軽い
ヘタってきた はい いいえ 手入れの手間 手間
満足度 使用年数 1年3か月
お勧めフライパン ティファール

ティファールの使用レビュー・体験談

ティファールを使用して良かった点

取っ手の取れるティファールの最大のポイントは、大きさと深さが異なる数種のフライパンがセットになっていることです。
私が購入したセットは、直径30センチの浅め、直径30センチの深め、直径10センチの深めの3枚がセットになり、直径30センチのふたと取っ手が1つついたものでした。
3枚のフライパンが、取っ手を取り外して重ねて収納できるので、狭いキッチンでも置き場所に困ることがありません。その点が私がティファールを選んだ最大の理由です。

そして、3種のフライパンそれぞれに使い道があり、そこも非常に魅力です。

直径30センチの浅めタイプは、炒め物やホットケーキ、パスタを少量の水でゆでる際にもってこいです。

直径30センチの深めタイプは、肉じゃがなどの煮物やカレーの調理に適しています。付属のふたは密封性があるので、まるで圧力鍋のように煮物が短時間で作れてしまいます。
親子丼や牛丼の具、中華あんかけの調理などにも最適で、3種の中でこの広い深めタイプが一番活躍しています。

直径10センチの深めタイプは、少量の野菜をゆでるときや卵焼きをつくるときに重宝しています。

1つのフライパンをずっと使うのではなく、3枚を交代で使用しているので、フライパンの劣化も防げていると思います。

また、ティファールはフッ素加工がしっかりしており、油をひかなくても焦げ付かないので、ヘルシーに料理を作ることができます。
3種のフライパンがセットになっているので、値段もセールで8000円ほどしましたが、長く使えること・収納性がいいこと・3種とも使い勝手が良いことを考えると、十分もとは取れますし、お買い得だったと思います。

使用にあたっての注意点

使用にあたって注意していることは、フライパン全般に言えることですが、熱いうちに水につけて洗ってしまうと痛むのが早いので、十分に冷めてから洗うように気を付けています。

また、フッ素加工が取れないよう、強くゴシゴシ洗うのも厳禁です。もちろん、たわしの使用などもっての他です。
さらに、収納時にもひとつ気を付けていることがあります。よく汚れを落としたあと、水気はよく拭いてから収納しています。カビやさびの発生の原因になりますし、フライパンの長持ちのポイントだと思います。

耐久性について

ティファールの耐久性は、高価なだけあって良好だと思います。1年以上ずっと同じフライパンを使っていますが、いまだにフッ素加工は十分機能しており、少量の油でも全く焦げ付くことはありません。
外面の黄色が多少汚れてきた程度です。へたりは感じられないため、まだまだ使用できると思います。

購入にあたっての注意点

フライパンを購入する際の注意点として、まず第一に、安い値段につられないことが挙げられます。私は一度安いフライパンを買って後悔しました。

最初にティファールを使用したのは、5年ほど前で、その時も使い勝手の良さを感じたものの、他のフライパンに比べて高価だったため、その次はスーパーで安売りしていた1枚1000円のフライパンを購入しました。
それもフッ素加工をうたったものでしたが、油を多めにひかないと焦げ付きがひどく、焦げ付きを落とすのにとても苦労した記憶があります。

そして、安いなりに劣化するのも早く、底が薄くなっていくように感じました。

結局半年程度で買い替えることになり、安かろう悪かろうで逆に損した気分になりました。
なので、少々高くてもフライパンは良いものを購入することをお勧めします。

長く使えるだけでなく、調理の際の油の使用を抑えられるので健康的であることや洗い物が楽になるので家事の時短になることも挙げられます。
ティファールの値段は高めですが、東急ハンズやロフト、ドン・キホーテのセールで型落ち品がお買い得価格で売られているので、購入する前にリサーチすることは必要です。

次に、自分の生活スタイルにあったフライパンを選ぶことも購入時に注意すべきです。
我が家は乳児を含めた3人家族なので、現在持っているティファールの3枚セットが最適ですが、1人暮らしであまり料理しない方には3枚は逆に邪魔になってしまうこともあります。

学生時代に一人暮らししていた際に今の3枚セットを持っていても、使うのは炒め物用の1枚だけで他は持て余していたことでしょう。
小さめのフライパン1枚で十分です。

逆に大家族や料理好きなら、5枚セットも購入の選択肢になると思います。
購入する際には、どの大きさ、深さのフライパンが自分の生活に必要か、よく考えてから購入した方が良いです。

また、私はフライパンはネットで購入する際も実際に店舗で手に取ってみることをオススメします。
なぜなら、使ってみると想像以上に大きかったり、重かったりして使いにくいこともありうるからです。

ネットで欲しいフライパンを見つけたら、店舗で同じ商品の大きさ・重さ・使いやすさ・収納性をチェックしてから購入すれば、こうした失敗は防げるので注意してほしいです。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング