加圧を加えて調理することで、嘘のように短時間で、カレーやシチューが調理でき、ブロック肉も中まで火が通り美味しく食べられる。

ある意味、そんな魔法な調理器具として、圧力鍋は、多くの家庭で愛用されていますよね。

ただ、すべての家庭にあるというわけではなく、まだまだ圧力鍋を使ったこともない家庭も少なくありません。

そこで、特に、圧力鍋初心者の方たちに向けて、圧力鍋の選び方やおすすめトップ3をタイプ別にご紹介していきます。

また、圧力鍋が怖いという方も安心して使えるように、簡単な仕組みや短時間で調理できる理由、効果も解説していきますので参考にしてみてください。

圧力鍋を選ぶときのポイント

テレビCMなどでも、圧力鍋を使えば、美味しく快適に調理可能とよく耳にしますよね。

確かに時間短縮で調理できれば、調理に時間を奪われること無く快適に調理できるでしょうし、いろいろメリットがあるというのも理解できます。

ただ、実際に購入するとなると、どのメーカーのどんな圧力鍋を購入したら良いのか分からず頭を悩ませてしまうのも事実。

そこで、どんなポイントを考慮して選べば、間違いのない購入が可能となるのか、圧力鍋の選ぶ基準(ポイント)を6つご紹介していきます。

1.気軽に扱えるサイズを選ぶ

圧力鍋を選ぶ際に一番気をつけたいのはサイズです。

よく巷では大きいサイズのほうが良いという話を聞くのですが、意外と大きなサイズの圧力鍋は、いつの間にか使われなくなることが多いのが実情…

というのも、大きいと圧力鍋を取り出して調理するだけでも一苦労しますし、何よりも圧力にムラができてしまうのであまり美味しく調理できません。

その結果、圧力鍋を使うのが返って面倒となり、大きな粗大ごみ化してしまう可能性が高くなってしまいます。

あくまで圧力鍋は調理器具であり使われてこそ意味がある調理家電です。

それなのに全く使わなくなるなんて本末転倒ですよね。

せっかくそれなりの金額を支払って購入するのですから、あまり大きすぎないものを選ぶように心がけ、日々負担なく使えるようにしましょう。

サイズはどれくらいがベスト?

圧力鍋のサイズは、それほど大きくない容量で十分とお話しました。

では、具体的に、どれくらいのサイズがベストなのでしょうか。

基本的には、家族の人数-1リットルのサイズのものが好ましいとよく言われています。

例えば、4人家族なら3リットルの容量の圧力鍋がベストサイズ。

仮に親戚縁者が集まるようなお盆シーズンやお正月シーズンで大量の料理を作るなんてことがあるとしても、それはわずか2回程度の話…

そもそも圧力鍋なので、それくらいの頻度なら、仮に2度手間したところで、容量の大きい圧力鍋を毎日扱うよりは、大した労力にはなりません。

あくまで家族の人数-1リットルというのは、一つの目安ですが、少し少ないくらいのサイズなら、結構手軽で扱いやすいですし良いものが多いのでおすすめです。

そして、ただ扱いづらいというのは、容量の大きい圧力鍋が重くて扱いづらいということだけではありません。

先程も触れたとおり、容量が大きいものほど、熱の伝わりにムラができやすくなるため、せっかくの料理が美味しくなくなってしまう可能性も高まります。

いくら時間短縮出来るとはいえ、これでは、圧力鍋を使って調理する意味がありませんよね。

このムラはIHヒーターだとより一層出やすくなるとも言われています。

なので、出来る限り家族の人数-1リットルのサイズの圧力鍋が理想なのです。

最悪、ガスレンジもしくはIHヒーターが2つあるご家庭なら、少し少ない容量のサイズの圧力鍋を2つ購入した方が、2刀流できてすごく便利…

逆に大きいサイズにこだわりすぎて圧力鍋を購入した場合、最終的に、家電のゴミ化となってしまうのがオチとなります。

せっかく圧力鍋を購入しても使わなければ何の意味もありませんし、ムダで終わるどころか、部屋を圧迫させるだけ迷惑な存在になりかねません。

それだけに、間違ってもサイズ感を無視した圧力鍋の購入は控え、日常生活でも使えるサイズ感の圧力鍋を購入しましょう。

2.価格(予算)に見合った圧力鍋を選ぶ

どんなに素晴らしい圧力鍋を選んでも、価格が高すぎて足が出てしまったら購入は不可能ですよね。

あくまで調理家電であり、生活を脅かしてまで購入するのは本末転倒です。

最悪、圧力鍋が無くても生活そのものは可能ですし、あくまで調理をより便利で楽しいものにするために購入するのが圧力鍋です。

なので、まずは、圧力鍋を購入のための予算に見合ったものを購入するようにしましょう。

日本人は「安かろう悪かろう精神」が強いのか、どうしても低価格の圧力鍋は危険という印象を持ちがち…

しかし、3000円代の圧力鍋でも、高級ブランドで2万円以上する圧力鍋と比較して、遜色なく調理できます。

安全性も高いですし、予算がなければ、3000円代の圧力鍋でも十二分に威力を発揮してくれるので、非常におすすめ。

もちろん、価格の高い圧力鍋と違いはあります。

使い勝手がより良かったり、材質が良いものを使っていたり、はたまた大手メーカーの保証がしっかりしていたりといった違いはあります。

ただ、それだけが全てとも限りませんし、生活に支障が出たら本末転倒ですので、くれぐれも無理のない範囲で、予算に見合ったものを選びましょう。

3.用途の使い分けができるかどうかで選ぶ

圧力鍋というのは、光熱費を少しでも抑えて、より調理を便利にするための調理器具であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

つまり、ただ圧力を加えて終わりではなく、より便利にいろんな使い分けできてこそ、圧力鍋としての進化を発揮するものなのです。

そこで、圧力鍋を選ぶ基準の一つとして抑えておきたいのが、使い分けが可能かどうかという点です。

例えば、「シュッシュッ」と大きな音を立てて加圧する方式の「おもり式」圧力鍋の場合、重りの使い分けによって料理の幅が広がります。

豆・魚などの硬い食材を短時間で料理する場合と、炊飯するさいに調理する場合とでは、当然加圧時間も変わってきますよね。

そんな状況下で、調理しようとしても、違う加圧式の圧力鍋を2つも用意して調理するのは面倒…

そこで、おもりを変えるだけで、どんな食材でもしっかり加圧され、よりふっくらおいしく調理できたらどう思われますか?

多くの人たちが、「使い勝手が良いし、美味しく手軽に調理でき便利!!」と思うはず。

この使い勝手の良さ、利用範囲の広さがが、圧力鍋を使う最大のメリットなのです。

だからこそ、1台で用途が広いものを購入しないと意味がないのです。

炊飯器や、鍋で料理できるところを、わざわざ圧力鍋を購入して調理するのに、容量(サイズ)以外の理由で2つも3つも購入するなんて無駄そのもの…

そんな無駄なことはせずに、いろんな用途で利用可能な圧力鍋を選んで購入しましょう。

用途の広い圧力鍋は、調理の便利さを拡大させる!!

仮に、用途の広い圧力鍋を2台購入したとしましょう。

お盆や正月などの、親戚縁者が一堂に集まる場面で大量の料理を作る際には、2台同時並行で、短時間料理すればまかなえます。

一方、料理の品数を増やし、短時間でご炊飯もしたいという場合は、それぞれ別用途として炊飯、調理に使い分けするだけで、一気に短時間で料理可能…

このように、短時間で出来る料理の幅も広がることは、何かと忙しい主婦たちにとって最大のメリットとなります。

もちろん、2台購入しろという話ではなく、同じ2台でも、用途の限定された圧力鍋2台とは全く意味合いが違うということを言っているに過ぎません。

1台あるだけでも、わざわざ鍋をかること無く、おもりを変えるだけで、ご飯を炊いたり、カレーを作ったりといろんな用途に使えるのは便利ですよね。

せっかく購入するなら、これくらい便利な圧力鍋を選んで購入しましょう。

4.おもり式・スプリング式の違いを把握して選ぶ

圧力鍋といってもその方式は大きく二つに分かれています。

一つは、加熱しながら、蒸気が漏れる穴を、分銅(おもり)を使って塞ぎ加圧していくおもり式。

もう一つは、鍋の蒸気口に施されたバネによって加圧していくスプリング式です。

おもり式圧力鍋のメリット・デメリット

おもり式圧力鍋とは、具材と少量の水・調味料を入れて、鍋を閉じ、鍋中央にある蒸気穴におもりで蓋をして加圧する仕組みの圧力鍋を差します。

最大のメリットは、おもりによって圧力の高さが変わっていくので、わざわざ加熱やダイヤル調整で圧力を変える必要はありません。

さらに、加圧されるタイミングも、おもりが揺れ音がなるため初心者でもわかりやすく非常に便利です。

ただし、加圧の力加減を微調整することはできず、基本的に、加圧されてから弱火(または予熱)で調理する方式なので、食材によって向き不向きが出てきます。

また、重りが揺れて音なる際に、結構大きな音がなるため、隣近所に騒音を与えてしまうトラブルが起こったり、眠っている赤ちゃんを起こすことも…

そういったデメリットもあるため、あえておもり式を選ばない人も少なくありません。

とはいえ、近年は、これらのデメリットが大きく改善された、おもり式圧力鍋が発売されるようになりました。

もちろん加圧の際に音はなりますが、その音も極力静かに抑えられ、調理の際にうるさくなるということはなくなりました。

一方、おもり(分銅)が2種類に増えたことで、加圧時間だけで、調理に対応するわけではなく、重りを変えて食材への加圧に対応できます。

このように弱点を補った圧力鍋も増えているので、初心者には非常におすすめです。

スプリング式圧力鍋のメリット・デメリット

スプリング式の圧力鍋は、鍋の蒸気穴付近にスプリングが組み込まれていて、加圧のタイミングでバネが働き、小さなピンが上昇します。

このタイミングを見逃してしまうと、加圧しすぎて、警報がなってしまうなんてこともあるので注意が必要ですが、基本音がならず静かなのが大きな特徴…

そのため、騒音によるトラブルは起こりづらく、赤ちゃんがいるお宅でも安心して使える点は大きなメリットです。

さらに、ダイヤル調整で加圧の大きさを調整できるので、微妙な加圧力をコントロールすることも可能。

このようによりこだわった調理を行い、その上静かなタイプの圧力鍋を求めるなら、スプリング式の方がおすすめです。

ただし、おもり式とは異なり構造も複雑でメンテナンスが大変というデメリットもありますし、基本玄人向けの圧力鍋ということに注意は必要…

その点を考慮した上で選ぶなら、スプリング式を選ぶのもありです。

初心者ならおもり式、こだわりが強い人ならスプリング式を…

このように、圧力鍋には、おもり式、スプリング式の2種が存在します。

それぞれの圧力鍋には、先程解説したように、メリット・デメリットが存在し特徴も異なります。

初めて圧力鍋を使うなら、おもり式が断然おすすめですし、微妙な圧力加減を変化させながらよりこだわった調理を求めるならスプリング式がおすすめ。

以上の特質を把握しながら、自身に見合ったタイプの圧力鍋を選びましょう。

5.圧力鍋の素材も考慮して選ぶ

圧力鍋といってもピンきりで、先程お話したとおり、価格の安いタイプのものもあれば、優れた素材を用いた高価格の圧力鍋もあります。

いずれのタイプも圧力鍋としての機能は十二分に発揮してくれますが、素材によっての調理の向き不向きは当然出てきます。

アルミ製圧力鍋のメリット・デメリット

アルミなら、圧力が掛かりやすくより短時間で調理しやすいという特質がある一方、圧力値が低いものや余熱調理に不向きです。

たとえば、炊飯したり、じゃがいものような荷崩れしやすい野菜を調理するさいには、圧力が低くても短時間で調理できるアルミ製がおすすめ。

確かに熱しやすく冷めやすいのがアルミ製圧力鍋の特性である以上、カレーやシチューのような余熱調理を求める煮物料理には適していません。

ただ、価格も安く短時間で調理できるメリットを考えると、アルミ製圧力鍋も十分魅力を感じます。

ステンレス製圧力鍋のメリット・デメリット

一方、ステンレス製だと、圧力値が高く、豆類やかぼちゃなどのかたい食材の調理に適していたり、余熱調理が相性抜群で煮込み料理に向いています。

特にカレーやシチューを調理する際には、ものにもよりますが加圧0(余熱調理だけ)で作れてしまう圧力鍋もあるので非常に便利。

ただし、火を付けてから加圧されるまでの時間がかかることと、アルミのように軽くないという点では多少扱いづらさもあるのがデメリット。

そのデメリットをどこまで妥協できるかによって、購入価値は変わってきます。

多層構造タイプの圧力鍋のメリット・デメリット

そして、そんな双方のいいとこ取りをした多層構造タイプの圧力鍋も、近年は発売されています。

ステンレスと比較して軽量ながらも圧力値が高く加圧にそれほど時間がかかず使い勝手が良い材質の圧力鍋なので非常に重宝します。

アルミ・ステンレスのいいとこ取りなら、はじめから多層構造タイプを選べば問題なしといってもいいかもしれません。

ところが、唯一のデメリットが多層構造タイプにも存在しています。

それは比較的に価格が高いということです。

後ほど、おすすめの圧力鍋の一つとして詳しくご紹介しますが、ゼロ活力なべという圧力鍋だと、3リットルタイプのもので税込み26, 892円と高額。

この価格を高いと見るか、安いと見るかによっても判断基準は大きく変わってきますよね。

価格は高いけど、使い勝手が良い素材で作られているのが多層構造タイプの圧力鍋の大きな特徴なので、その点を考慮して選ぶのがベストな選択…

材質一つで使い勝手も全く違う

このように、材質一つで、使い勝手や、調理における向き不向きも変わってきます。

もちろん価格も異なり、アルミ、ステンレス、多層構造の順に価格は跳ね上がっていきます。

アルミ製のものなら3000円で購入できるものもありますが、多層構造のものなら、先程お話したとおり、2万円以上のものが一般的…

そのことを考えるとアルミの方が安くて良いのではと思われるかもしれません。

ただ、圧力鍋は、予算以内であることを前提に、目的に沿ったものを選ぶべきですし、納得できるのもなら、どの材質の圧力鍋も十分魅力的です。

ぜひ、材質の特質が、目的に沿っているかどうかで選んでみてくださいね。

6.IHヒーター・ガス兼用タイプを選ぶ

近年は、IHヒーターも増えてきて、ガスコンロばかりとは限りません。

特に賃貸住宅などでは、火災予防の意味も込めて、IHヒーターを導入されている物件が増えています。

なので、IHヒーターにも対応したタイプの圧力鍋を選んだ方が、後々のことも踏まえて考えるとお得です。

せっかく圧力鍋を購入しても、引越し先で使えないとなると非常にもったいないですしね。

また、IH専用の圧力鍋の場合、もちろんガスでも使えますが、一度使ってしまうと、形が歪んでIHでの使用ができなくなる可能性があります。

そうならないためにもIH・ガス兼用のタイプの圧力鍋を選ぶのがおすすめ。

せっかく圧力鍋を購入するなら、どんなタイプのコンロでも使用できるものを選びましょう。

選び方を抑えた、おすすめの圧力鍋ランキング

ここまでは、圧力鍋の選び方について解説しました。

基本的に、価格と目的が見合っているのか、材質は適しているか、いろんな用途で使えるか、サイズはあっているかという基準で選ぶのがベスト…

そのことを踏まえながら、さらにおもり式・スプリング式それぞれの主観で、おすすめの圧力鍋を3つずつランキング方式で紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

おもり式おすすめ圧力鍋トップ3

まずは、初心者におすすめのおもり式圧力鍋トップ3をご紹介していきます。

3位:EGGFORM 圧力鍋

パッと見た印象からスタイリッシュで、デザイン的にも魅力を感じそうな圧力鍋「EGGFORM圧力鍋」。

やはりネーミングにも施されたように卵型のフォルムが何とも今風でおしゃれな圧力鍋です。

おすすめの特徴

外見がおしゃれというのも一つの特徴ですが、「EGGFORM圧力鍋」のフォルムは、ただおしゃれを演出するだけでなく熱伝導性も高めてくれます。

そもそもアルミをベースに作られている圧力鍋なので、熱の伝わりはステンレス製圧力鍋よりも速く短時間で調理可能。

さらに、ただアルミ製ではなく熱が冷めにくくなる結晶を織り交ぜて合金しているので、アルミでありながら熱が冷めにくいのも大きな特徴です。

これなら、若干価格を抑えながらも軽く持ち運びでき、なおかつ効率的な時短料理もできますよね。

そして、フッ素加工がされていてお手入れもラクラクですし、電磁調理器に対応するための磁性体も埋め込まれ、IHヒーターでもガスでも調理可能。

利便性が良くその上軽く持ち運びができる圧力鍋だからこそおすすめなのです

商品のレビューに書いてある良い内容
  • 初めての圧力鍋ですが、文句ない程気に入っています。当初、試しに炊飯をしたら、とても美味しくて、以後、電気炊飯器を使うことが無くなりました。
  • 使いはじめは暖まりが早く IHのタイマーをセットして離れるのが早いです。また使用後の洗いはつるっと早いです。

以上が、主な「EGGFORM圧力鍋」に対して高評価を得ているレビューです。

熱伝導性が高く短時間で調理できるから、光熱費も節約できますし非常に便利。

その上、お米もふっくら炊けるのであれば、わざわざ高価な炊飯器を買わなくても済みそうですよね。

もちろん、ただお米をふっくらたくだけでなく、余熱でカレーやシチューも作れますし、その他の煮込み料理にも最適。

いろんな用途に使え、お手入れもラクラクだから人気なのです。

容量は4.2リットルありますが、基本アルミ製なので、非常に軽く持ち運びも不便はしません。

ただアルミ合金で作られ、さらにIH・ガス兼用であるため、価格は、24,468円と多層構造タイプに近い価格とアルミ製の中では高額…

しかし、せっかく購入するなら、より使い勝手の良いものを購入したほうが良いですし、予算と相談して妥協できるなら購入をおすすめします。

EGGFORM 圧力鍋 4.2リットル EFC-P42LG

EGGFORM 圧力鍋 4.2リットル EFC-P42LG

24,948円(12/18 08:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

2位:ワンダーシェフ片手圧力鍋

アルミのような熱伝導の早さ、ステンレス製のような保温性、それぞれのいいとこ取りをした上で、長年使える便利な圧力鍋がほしい!!

そんな希望を実現化してくれたおもり式圧力鍋が、「ワンダーシェフ片手圧力鍋」。

中でも片手でつかめる3.0リットルタイプは超オススメです。

おすすめの特徴

ステンレス製の圧力鍋は、保温性は良いものの熱の伝わりに時間がかかるという弱点を持っています。

そのため、加圧までに時間がかかりアルミ製と比較して調理時間がかかるというデメリットが生じてしまいます。

しかし、ワンダーシェフ片手圧力鍋は、ステンレスとステンレスの間にアルミを入れて3重構造としているために、熱の伝わりにくさをカバー。

この大きな多層構造を実現したことで、アルミ・ステンレスのそれぞれの長所を最大限に活かした超便利な圧力鍋に大変身。

アルミの良さである熱伝導の良さが、ムラ無く短時間で食材に熱を伝え、ステンレスの良さである保温性が、余熱調理を可能としてくれる。

そんな魔法な圧力鍋として、ワンダーシェフ片手鍋は、多くの魅力を与えてくれています。

商品のレビューに書いてある良い内容
  • サンマがたった15分で骨まで柔らかくなって、丸ごと食べられるのは感動的。今までの低圧タイプでは無理でしたので、超高圧というのは凄いと思いました。
  • シンプルでわかりやすく非常に使いやすいです。
  • こちらの圧力鍋を10年以上使っています。安いのに壊れません。パッキンは、10年で1度しか変えませんでした。

以上が、主な高評価となるワンダーシェフ片手圧力鍋のレビュー(意見)です。

炊飯、魚の煮物など、いろんな料理に使えるだけでなく、シンプルで使いやすいというのは、調理をする上で非常に便利ですよね。

その上、価格も9181円と、1万円を切る価格なら、十分購入する価値はあると言えます。

簡単調理で、固いすじ肉も豚の角煮も超柔らかく調理できますし、非常におすすめですよ。

1位:ゼロ活力なべ

ゼロ活力なべは、その名の通り、加圧0分でも、カレーやシチューなら余熱だけで調理できるという効率的な圧力鍋です。

おすすめの特徴

高圧力をかけるだけでなく、しっかり余熱を用いて調理してくれるため、他の圧力鍋にない、0分料理も実現可能となった「ゼロ活力なべ」。

その短時間料理は、単純に光熱費の節約と時間短縮を生むだけでなく、水を限りなく少なく使い、素材の味をしっかり引き出すことも可能としてくれます。

煮豆を作ると豆の甘さが際立ち、ポトフを作ると、たったワンカップの水しか使っていないのに、野菜の水分が溢れ出し、美味しいスープが完成。

このように、素材の味を引き出した美味しい料理が短時間で作れちゃうのが大きな特徴であり魅力です。

もちろん、かたまり肉や牛すじ、魚の骨まで柔らかくしてくれるので、栄養素を逃さず食べることが可能。

それも、他の圧力鍋の1.6倍もの高圧力を実現してくれる圧力鍋だからこそなせる技なのです。

さらに嬉しいのは、料理によって圧力の調整を変えられるように、高圧力の赤いおもりと、低圧力の白いおもりの2種のおもりを用意してくれている点。

確かに、いちいちおもりを変えるのは面倒とおっしゃられるかもしれません。

しかし、この2種の重りがあるおかげで、料理の幅が一気に広がります。

魚の煮物や、牛すじ肉の煮込みのように高圧力で柔らかく調理したい場合は赤い重りを、一方、赤飯、玄米、白米を炊飯するときには白い重りを…

このように、それぞれの料理に合わせておもりを付け替えるだけで、簡単に時短料理が美味しくできちゃうので非常におすすめなのです。

圧力鍋の選び方の一つでも、ご紹介しました用途の広さにおいては、おもり式圧力鍋の中で、ゼロ活力なべにまさる圧力鍋は無いでしょう。

商品のレビューに書いてある良い内容
  • ゼロ活力なべでカレーを作ったところ、安い肉にもかかわらずすごく柔らかくなり最高…。主人に内緒で注文したんですが、すごく喜んでくれました。
  • 炊飯器が壊れたので、ゼロ活力なべを購入しご飯を炊いてみたところ、ふっくら柔らかく美味しく長けただけでなく冷めても艷やかで美味しかったです。

ゼロ活力なべのレビューを調べてみると、こんな喜びのこえがたくさん聞かれます。

とにかく安全に短時間で調理できてその上美味しく出来上がるのは非常に嬉しいところですよね。

3リットルの容量で、24,900円は確かに若干値が張りますが、それだけの価値は十分感じさせてくれる圧力鍋であることに違いありません。

実際に内緒で注文したにもかかわらず、旦那さんが喜んでくれたというのですから、そのエピソード一つで、魅力は十二分に伝わりますよね。

多少奮発してでも購入する価値はありますし、将来的なビジョンで見ても、時短料理で光熱費をかなり抑えることが出来るので、元は十分取れます。

しかも、他の圧力鍋と異なり安心の30年保証や、使い方やレシピにもサポートセンターのスタッフたちが丁寧に教えてくれるので超安心。

安全弁ゴム、安全スリット、ロックレバー、パッキング安全棒、内圧表示ピンのそれぞれの安全部品が施され、安心して使える点も魅力的です。

そして、忘れてはいけないのが、IH・ガスを問わずに使えるという点。

このように安心安全で、どのようなコンロでも利用可能で、超簡単操作で効率的に美味しく調理できるなら購入して間違いないですよね。

これだけのメリットが揃っているからこそ、ゼロ活力なべは非常におすすめなのです。

価格は確かに若干高めですが、コスパは高く、非常におすすめの圧力鍋なので、一度ご検討してみてくださいね。

https://item.rakuten.co.jp/asahikei/zk/?iasid=07rpp_10095___e1-jmsbkuya-6gi-3812095d-2294-4663-819c-67c4ed0cd7fd

スプリング式おすすめ圧力鍋トップ3

続いて、圧力もダイヤル調整可能で、静かに使えるスプリング式圧力鍋のおすすめトップ3をご紹介していきます。

3位:「パール金属 圧力鍋 3.5L クイックエコ H-5040」

焦げ付きにくく保温性が高い圧力鍋として人気の高い「パール金属 圧力鍋 3.5L クイックエコ H-5040」が、おすすめ第3位。

おすすめの特徴

ステンレス・アルミ・ステンレスという3重構造の作りで、保温性に優れている…

この点においては、おもり式圧力鍋2位の「ワンダーシェフ片手圧力鍋」に似ています。

ただ、「パール金属 圧力鍋 3.5L クイックエコ H-5040」と、他の圧力鍋の違いは、ダイヤル一つで高圧力・低圧力を切り替えられる点にあります。

おもり式なら、いちいちおもりを変えなければいけない面倒さがつきまといますよね。

しかし、「パール金属 圧力鍋 3.5L クイックエコ H-5040」は手軽に圧力を切り替えて、調理することが出来るので非常に重宝します。

もちろんスプリング式なので、音が静かなのも特徴的で、その分、ピンが上がり、加圧し始めるタイミングを見逃せないのが難点…

スプリング式の圧力鍋は、どちらかというと、基本操作になれたこだわりを持つユーザー向けなので、その点は十分納得できるはず…

加圧開始のタイミングさえ見失わなければ、非常に便利な圧力鍋なのでおすすめですよ。

商品のレビューに書いてある良い内容
  • 5人家族ですが、3.5リットルでも十分な容量でした。音も静かで、お米は5合炊けるしカレーやシチューも一箱作れて、冷めにくいのは嬉しいですね。
  • 昔風のくるくる回る物ではなくて、とっても簡単に出来ていて掃除も楽です。圧力も2段階と好きなように料理が出来ます。
  • もうすぐ2歳の子どもがいますが、圧力鍋で作ったスープやカレーなどの野菜は甘みが出ておいしく食べてくれます。

以上が、「パール金属 圧力鍋 3.5L クイックエコ H-5040」に対する、主な高評価の意見です。

容量・サイズも3.5リットルなので非常に扱いやすいですし、大人から幼い子供までお飼育食べられる料理が手軽に作れるのは魅力的。

その上、料理によって圧力調整が手軽に行なえ、掃除も簡単なら人気が上がるのはごくじs前の話といっても過言ではありません。

また、価格も3809円で購入できるというのですから、こんなに低価格て手に入るなら、購入しない手はありませんよね。

圧力鍋を選ぶ基準でもある、使い勝手の良さ、用途の広さ、価格を抑えている点でも非常におすすめですよ。

2位:かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E(アイリスオーヤマ)

低価格でより良い商品を提供し続けてくれている、メーカーのアイリスオーヤマ。

そんなアイリスオーヤマが、提供しているスプリング式圧力鍋が、「かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E」です。

おすすめの特徴

「かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E」の最大の特徴は、使い勝手の良さと安心度にあります。

一見、あれやこれやと複雑にパーツが取り付けられているように感じる鍋蓋には、細やかな配慮が多数施されています。

たとえば、中央に施された大きな取手を掴むことで、ハンドル式にどの角度からも蓋を開閉することができ非常に便利。

その他にも、どれくらい加圧されているのか一目瞭然となる大きなピンや、簡単レバーで圧力を調整できるスイッチも装備…

ここまでは単純に使い勝手だけで見た配慮で、さらにプラスして安全設計が施されています。

それは「かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E」で呼ばれている3つのセーフティ機能。

  • 圧力の高い状態で蓋が開かない設計になっている「ロックピン」。
  • ロックピンと別に、圧力がかかりすぎた場合、自動に放出し一定レベルに保つための「圧力調整おもり」
  • ロックピン・圧力調整おもりの療法が作動しなかった場合に、本体と蓋の隙間を作り圧力を逃す働きを持つ「パッキン」

以上の3つのセーフティ機能がしっかり働くため、たとえスプリング式に慣れていなくて、加圧のタイミングがわからない人でも安心して使えるのです

スプリング式の圧力鍋は、基本的にバネを使って加圧のタイミングを知らせてくれる方式を使っているので、おもりを別途持つことはありません

しかし「かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E」は、別途おもりを使って危険防止に務めているので、他の圧力鍋と安心度が違うのです。

このようなきめ細かい配慮が施されているので、非常に人気も高くておすすめ。

商品のレビューに書いてある良い内容
  • 蓋の操作も簡単にでき、しかも耐熱ガラスの立てかけができる蓋もついて大変使い勝手が良いものでした
  • 何回も使ってみたら、非常に使いやすくて、今は全然怖くない、むしろ使うのは楽しいです。
  • 取り扱いに不安が有りましたが、簡単に煮込み料理が出来るので、吹きこぼれをすることが無くなり、レンジ周りを汚さなくなりました。

以上が、「かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E」の主なレビューです。

やはり、使い勝手の良さがレビューの中でも際立っていますよね。

どうしても圧力鍋って、圧力を逃がすためとはいえ、随時、蒸気をシュッと逃がしますし、そもそも中の様子が見られないので不安も大きいです。

特に初めて使う人の中には怖いという人も少なくありません。

しかし、この「かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E」は、安心安全で使いやすさを求めた機能が豊富に内蔵されています。

だからこそ、多くのユーザーが、使い勝手の良さや安心度の高さを評価してくれているのです。

初心者にはおもり式を推奨するユーザーは多いですが、スプリング式は静かで使い勝手の良さがあり魅力も高いです。

だからこそ、こだわりの強い人には、より安心して使える、「かんたん開閉圧力鍋 4L EH-KPC-40E」をおすすめします。

なお、価格は、4リットルサイズで10,800円。

しかもIH対応なので、この価格なら十分購入価値は高いといえます。

圧力鍋購入をご検討なら、ぜひ、一度購入してみてくださいね。

1位:Light 2段階圧力調節機能付き 片手圧力鍋 3.2L(ルミナスプラス)

機能性が充実していることはもちろんのこと、おしゃれで価格もお求めやすいと人気が高い圧力鍋のプライベートブランド「ルミナスプラス」。

ルミナスプラスを手がける株式会社ドウシシャが、安くて専門性の高いものを提供しようと心がけていることからも、実に信頼のおけるブランドです。

おすすめの特徴

なんといってもルミナスプラスの「Lijht2段階圧力調節機能付き 片手圧力鍋 3.2L」の魅力は価格の安さにあります。

他の圧力鍋が、1万円以上する中、ルミナスプラスの「Lijht2段階圧力調節機能付き 片手圧力鍋 3.2L」は5280円。

半値とまでは言いませんが、かなり低価格で購入できるので、特に初めて圧力鍋を購入される方にはおすすめ。

その他にも高圧(100kpa)・低圧(60kpa)と2段階で圧力を切り替えて使うことが出来るので、料理ごとに圧力を変えて調理することも可能。

また、圧力鍋の内面にフッ素加工が施され、焦げ付きにくく手入れが非常にしやすいと人気も高いです。

圧力鍋を選ぶ基準の中の、手軽さ・リーズナブル・用途の広さが重宝された優れた圧力鍋なので非常におすすめ。

商品のレビューに書いてある良い内容
  • 重すぎないので取り回しが楽。重たい圧力鍋が使いづらいと感じている方に喜ばれると思います。
  • 日常使いにちょうど良い大きさで、圧のいらない調理にも利用出来て大満足。
  • 料理が出来てすぐふたを開けられるのが良かったです。

以上が、Light 2段階圧力調節機能付き 片手圧力鍋 3.2L(ルミナスプラス)の高評価のレビューです。

用途の広さはもちろん、使い勝手や容量・サイズのお手頃感、そして何よりも価格がリーズナブルなことは、誰が見ても魅力的。

圧力鍋の選ぶ基準の4要素を兼ね備えている圧力鍋なので、人気が高いのも十分頷けます。

初めて圧力鍋を購入するときには、何かと不安もつきまとうものです。

それなら、多少失敗してもいいからと割り切って、納得できる機能性・利便性を持ちながら価格の安い圧力鍋を購入してみるのも一つの手…

その有効手段として、「Light 2段階圧力調節機能付き 片手圧力鍋 3.2L(ルミナスプラス)」の購入はおすすめですよ。

圧力鍋の特徴や効果

圧力鍋は、ある意味、調理を短時間で済ませてくれる魔法の調理器具です。

ところで、皆さんは、何故、圧力鍋が短時間で効率的に調理可能となるのか、その理由を御存知でしょうか。

意外と圧力鍋の仕組みを知らないという人も多いので、ここで、改めて圧力鍋の仕組みを簡単にご紹介しますね。

圧力鍋の仕組み、短時間料理が可能な理由

圧力鍋は、鍋内を密閉にさせ加熱することによって、鍋内の水分や素材の持つ水分を蒸発させながら圧力を上げていく仕組みを持っています。

何故、圧力が上がると短時間で調理できるのか…

その理由は、富士山頂上でカップラーメンを食べたことのある人ならすぐに想像できるでしょう。

じつは、圧力が高く加わると、水の沸点は低くなるため、すぐ沸騰しやすくなり、蒸気が発生して熱が伝わりやすくなります。

圧力鍋は、この仕組を巧みに利用して、短時間調理を可能にしているのです。

逆をいえば、鍋蓋を閉じて密閉しなければ蒸気が逃げてしまうだけで、ただの鍋と同じということ…

そのため、炒め料理全般は不向きで、圧力鍋が適しているのは、主に煮込み料理、炊飯(ご飯系)料理と考えるのがベスト。

もちろん、煮込み料理といっても、単純にカレーやシチューだけではなく、おでん、もつ煮込み、煮豆など多彩な料理に使えます。

要は、炒めもの(野菜炒め、青椒肉絲など)焼き物(焼き魚・ステーキなど)には使えず、それ以外の料理では超便利な調理器具と考えるのが妥当。

その点だけざっくり理解しておけば、間違っても圧力鍋の変な使い方はしなくて済みます。

ぜひ、覚えておきましょう。

圧力鍋の効果

圧力鍋を使う効果はたくさんあります。

その一つ一つを上げていくときりがありませんので、ここでは、その代表的な効果を3つ簡単にご紹介していきます。

光熱費の節約

炒めものが多い中華料理のように、火力を生かしてさっと作る料理なら、それほど光熱費がかかることはありませんよね。

ところが、カレーやシチュー、おでんのような、煮込み料理全般においては、かなり長時間煮込まなければならず、光熱費もかさんでしまいがち…

ところが、圧力鍋を使えば、その煮込み時間を大幅に短縮できるため、光熱費を節約することが出来るのです。

もちろん料理によって、節約出来る熱量は変わってきますが、場合によっては半分以下になるケースもあるので、圧力鍋は非常に重宝します。

調理時間の短縮

先程も少し触れましたが、圧力鍋を使うことで、煮込み料理のように長時間煮込む必要がある料理を、短時間で調理できれば時間節約にも繋がります。

実際に普通の鍋でカレーを作ってもらえば分かりますが、大体少なく見積もっても20分から30分は掛かりますよね。

それが、一部の圧力鍋を使えば、具材と調味料・ルー、そして僅かな水を入れて加熱し、加圧がかかってから余熱で放置するだけで出来上がります。

20分~30分も暑い中、鍋の前に立たなくても、余熱でほったらかして作れてしまうんです。

それなら、空いた時間で、もう一品作ることもできれば、台所を後片付けしてしまうこともできますよね。

1日24時間しか無く、何かと忙しい日々の中で、少しでも時間が節約できるのは嬉しい話です。

また、ご飯を炊いてカレーを作ってと手間暇考えると、作るのも面倒になりますが、圧力鍋を使えば短時間で作れちゃうので便利。

これなら、面倒が理由でカレーを作らないということはありませんよね。

このように煮込み料理全般において、時間の短縮につながる効果を圧力鍋がもたらしてくれるのです。

栄養素を補いながら美味しく料理を食べられる

魚に多く含まれているカルシウム、野菜に多く含まれるビタミンなど、食材には多くの栄養素がたくさん詰まっています。

しかし、魚の骨やキャベツの芯のように、栄養素が詰まっている部分に限って、なかなか調理しきれず捨てざるを得ないことも多いですよね。

ところが、圧力鍋を使えば、素材の細胞組織を破壊し、旨味を出した上で柔らかくしてくれるため、栄養素を摂取しながら美味しくいただけます。

何かと栄養の偏りや不足が見られる、現代社会において、圧力鍋は、健康的に美味しく食育する上で非常に効果を発揮してくれるのです。

圧力鍋は暮らしを快適にしてくれる調理器具

先程もお話したとおり、あくまでここでご紹介したのは、主だった3つの効果であり、探せばまだまだたくさん効果は見つかるでしょう。

その全部を挙げるとキリがないので、この辺にしておきますが、たった3つだけでも、実に魅力的な効果をもたらしてくれることが理解できます。

圧力鍋は、決して怖い調理器具ではなく、使えば使うほど、私達の暮らしに役立つ素晴らしい調理器具です。

事実、こんなに暮らしを豊かにしてくれるなら、もっと速く購入すればよかったと後悔しているユーザーもたくさんいらっしゃいます。

もちろん、すべての料理に使えるわけではありません。

いくら圧力鍋とはいえ、向いている料理、向いていない料理は存在しますし、何よりも蓋を開けて調理しても効果は発揮されません。

自身に適した圧力鍋を購入し、使い方をしっかり把握した上で、利用することが何よりも大切です。

この機会に、みなさんも、圧力鍋を一度試してみてください。

きっと、今まで以上に美味しい料理が時短調理でき、暮らしが一段階アップしますよ。

ランキングからフライパンを選ぶ

鍋・フライパンのセット
フライパン単品
取っ手が取れるフライパン
ガス火専用フライパン
総合人気フライパン ランキング

知っておきたいフライパンのこと

今買うならチタン加工がされたフライパンがオススメの理由(表面加工の比較) フライパンの失敗しない選び方 フライパンを劇的に長持ちさせる方法 結婚や新築祝いなど贈り物に喜ばれるフライパン

人気フライパン記事