フライパンは大きさ選びも重要!

皆さんは新しいフライパンを購入したけど、大きさが足りず人数分の料理をまとめて作ることができない…と後悔したことはないでしょうか。

そんなことのないようにフライパンを選ぶときには、1番使いやすい大きさである家族の人数に合わせて考えると良いでしょう。

例えば2人家族であれば直径24~26cmのフライパンが最適です。

しかし24cmのものだと、2人分野菜炒めを作る場合は難しくなってきます。

そのため深型の中華鍋のようなフライパンがおすすめになり、通常のフライパンで作る場合は少し大きめの26cmがベストです。

また3人家族の際には28cmが良いと言われており、このように家族の人数や何人前の料理を作るかによってフライパンの大きさは変わってきます。

フライパンのサイズの目安

上記で軽く説明をしましたがフライパンを選ぶには、人数分よりも小さいものでは、まとめて料理を作ることができず不便に感じてしまいます。

よってフライパンを購入するのであれば、しっかりと使えるものを選べるように、サイズの目安を知っておきましょう。

さらにフライパンの大きさ選びは年齢層によっても変わってくるので、自分の家庭に必要なフライパンのサイズを把握しておくことが必要です。

1~2人暮らし

1~2人暮らしの場合には、20~24cmのフライパンのサイズが良いでしょう。

この20cmのフライパンは、1人分の料理やちょっとした料理を作るのに最適な大きさです。

24cmのフライパンは小さすぎず大きすぎないため、忙しい朝でも目玉焼きとウィンナーを一緒に複数作ることが可能となります。

3人家族

3人家族のご家庭は多いかと思いますが、3人前の料理を20~24cmのフライパンで作るのには小さく感じてしまうかと思います。

そのため3人家族に合ったフライパンをお探しの人には、26cmの大きさのフライパンを選ぶことがおすすめです。

さらに20cmのフライパンもあると、子供のお菓子作りなどにも役立つので便利です。

このように大きさ別に購入し、作るものに合わせて大きさを変えるのも、上手くフライパンを使いこなすポイントです。

4人家族以上

4人以上の料理を作る際には、28cmのフライパンを使用しましょう。

家族全員のメイン料理は28cmのフライパンで、2~3品目の料理は一回り小さなフライパンを使用すると良いかもしれません。

よってフライパンは大きさの違うものを2枚程度用意しておくと、使い勝手が良くなるのでおすすめです。

フライパンは大きさだけでなく持ち手も重要!

フライパンの大きさも長く愛用するためには大切ですが、フライパンの大きさが決まったら、次はフライパンの持ち手部分の素材にもこだわってみると良いでしょう。

フライパンの持ち手にも、いくつかの素材が使われており、それぞれにメリットやデメリットがあります。

せっかくちょうど良い大きさのフライパンを購入したのに、持ち手が使いにくくあまり使わなくなったなんてことも少なくありません。

そんなことの無いように、どのような素材が自分に合っているのかチェックしておくことがおすすめです。

金属

持ち手部分も金属でできているフライパンは、耐久性が高くオーブンにもそのまま使用することが可能です。

しかしフライパンを熱することで持ち手も熱くなるので注意が必要となり、握り感も木製のものと比べると劣ってしまいます。

木製

フライパンの持ち手部分が木製のフライパンは、熱くなりにくいので持ちやすいのがメリットとなっています。

しかし、金属の持ち手よりも劣化しやすいのが特徴です。

樹脂(プラスチック)

熱くなりにくく蓋もしやすいのがメリットですが、強度は他のものよりも低いことが分かります。

ステンレス製

フライパンの持ち手がステンレスの場合、耐久性が高く、金属と同様にオーブンでも使用することができます。

しかしデメリットは持ち手が熱くなる上に、両手持ちになってしまうところが難点です。

このように、どの持ち手の素材でも何かしらのデメリットが存在してしまいますが、オーブンへ特に使用しない場合は、フライパンの持ち手を取り外しができるタイプのものを選ぶことをおすすめします。

失敗しないためのフライパンの選び方!

そもそもフライパンを選ぶ基準は、その人によって異なります。

例えば・・・

  • コストを抑える
  • フライパンの大きさ
  • 置くスペースに合わせる
  • 料理に合わせる
  • 使い勝手の良さ

などを考えて、フライパンを選んでいるかと思います。

これまで説明してきた通り、まずは何人前作るのかなど家族人数に合わせてフライパンの大きさを決めることが重要です。

なぜなら価格の安いものや収納の良いものでも、小さすぎてしまうとせっかくのフライパンが使いにくくなってしまいます。

そのためまずは、フライパンの大きさから購入するフライパンを決めていきましょう。

そしてその他のコストや使い勝手の良さを考え、候補を絞っていくことがおすすめです。

今ではさまざまなフライパンが販売されており、自分に合った物を見付けるのも簡単です。

またフライパンは1枚だけではなく、料理によって使い分けるために2つ程度あるとより便利になり、食事の準備もはかどります。

このように料理でもステーキなどを焼く際には鉄製などと使い分けるのも最適ですが、何枚もあると保管に困ってしまいますので、やはり2枚か3枚に収めておくのが良いでしょう。

自宅のフライパンの買い替えをお考えの人は、フライパンの大きさや素材を見直し、長く愛用できるものを探してみてはいかがでしょうか。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング