フライパンでステーキは美味しく焼ける?

お肉好きには、たまらないステーキ。外食をすると美味しいけれど、高価になるので頻繁には行けないですよね。ステーキ肉を買ってきて家で焼くと、思ったように焼けないということもありませんか?

手軽にスーパーで買えるステーキ肉もフライパンで美味しく焼くコツがあるのです。ステーキを美味しく食べられるコツ、方法をご紹介します。

フライパンでステーキを焼くには?

下準備をする

焼き方ではないですが、まずは下準備をすることも重要になってきます。冷蔵庫から出した肉をすぐに焼いてはいけません。冷蔵庫から出して、常温で1時間程ならします。冷たいままだと、外だけ焼けて、中は冷たいという状態になりやすくなります。真夏の暑い時期などは、30分くらいにするなど、調整しましょう。

筋の多い固い肉には、切込みを入れていきます。ただ、柔らかい高価な肉の場合は、切込みからうまみが逃げてしまうので、切らない方が良いでしょう。

塩コショウは、ステーキを焼く直前にふります。塩コショウをして放っておくと、肉の水分が塩によって出て行ってしまうので、うまみまでなくなってしまいます。

ステーキに適したフライパンとは?

ステーキを焼くのに適したフライパンは、鉄製の厚手のものが向いています。鉄は高温調理ができるのと、蓄熱性が高いので、外はカリッと、中はふんわりと焼くことができます。

しかし、鉄製のフライパンは重く、使い方も難しいイメージなので、家にはないかもしれません。そんな場合は、フッ素加工がされている、使いやすいと言われているフライパンでも大丈夫です。

フライパンでステーキを焼くコツとは?

1、鉄製のフライパンは最初から強火で空焼きをして、フライパンの温度を上げます。煙が上がるくらいが目安です。

テフロンなどのコーティング加工がされているものは、コーティングが剥げてしまうので、空焼きは禁止です。少しずつ時間をかけて温度を上げるようにします。フライパンの種類に関わらず、十分に温度を上げることが重要になります。

2、牛脂を入れて、フライパン全体になじませます。牛脂はスーパーなどに無料でおいてあります。サラダ油よりも牛脂の方が、美味しく風味が豊かなお肉に焼きあがります。できれば、国産の牛脂がおすすめです。

3、火を弱めて、30秒から2.5分くらい焼きます。焼き時間の目安は、厚さが1cm・100gのお肉の場合、レア 30秒、ミディアム1分、ウェルダン 1.5分くらいです。肉の厚みや大きさによって、時間は調節します。

4、1回だけひっくり返します。この時に余分な油をキッチンペーパーなどでふき取り、ふたをして強火で約30秒焼きます。

5、弱火にして、レア 30秒、ミディアム 1分、ウェルダン 1.5分程焼きます。お肉を揺らしたり、何回もひっくり返したり、押さえたりせず、そのまま焼きます。肉の油やうまみが出て行ってしまいます。

お肉を休ませる

焼き終わったらすぐに食べたくなりますが、ここでひと手間加えます。焼きあがったステーキは、アルミホイルで覆って、3~5分ほど寝かせます。こうすることで、肉汁を中にとどめて、肉を柔らかく保つことができます。

予熱で火が中まで通るので、レアが好きな人はこの休ませる時間も考えて、焼く時間を加減してみましょう。

ステーキを美味しく焼くコツをまとめると?

  • 焼く前に常温にならす
  • 塩、コショウは焼く直前にする
  • フライパンは十分に熱して温度を上げておく
  • 焼く時にお肉をあまり動かさない(ひっくり返さない、押さえつけない)
  • 少し休ませてから切る

さらに美味しくなる工夫とは?

ステーキ皿を使う

焼きあがったステーキをお皿に盛りつけても良いのですが、家庭用のステーキ鉄板も販売されているので、冷めずに、焼き加減を調節しながらステーキを本格的に楽しむことができそうです。

固いステーキ肉を美味しくする裏技

玉ねぎのすりおろしにお肉をつけて、冷蔵庫で半日ほど寝かせてみると、固いお肉もやわらかくなります。それは、玉ねぎに含まれている酵素が、お肉のタンパク質を分解して、やわらかくしてくれるからです。

炭酸水につけてもやわらかくなります。炭酸水素ナトリウムがタンパク質を溶かし、なおかつ肉の臭みも抑える働きがあるので、美味しくもなります。

フライパンで美味しくステーキを焼こう!

お店で食べるステーキは美味しくて当たり前です。家で焼くと、ぱさぱさで固くていまいち…ということも、焼き方次第ではなくなりそうです!お肉が悪いわけではなく、焼き方が悪くて、美味しくなかったのかもしれません。

ステーキに適したフライパンは鉄のフライパンのようですが、どんなフライパンでもコツをつかめば、ジューシーでうまみが詰まった美味しいステーキを焼くことができますよ!難しいことはあまりないので、ただ焼くだけでなく、少しの手間を加えて焼いてみて下さい。