シルバーストーンフライパンはどんなもの?

シルバーストーンフライパンはフッ素樹脂加工のフライパンで、表面がコーティングされていることで滑りが良くなり、お手入れもしやすくなっています。

しかし使っていくうちにコーティングは剥がれてしまうため、焦げ付きやすくなってしまうことから消耗品として扱われているのが現状です。

消耗品と言ってもシルバーストーンフライパンは、正しい使い方をすることで約4年程度も使い続けることが可能です。

よって間違った使い方により1年で買い換えてしまっている人は正しい使い方を把握し、長持ちさせることをおすすめします。

シルバーストーンフライパンは上記でも説明した通り、どちらかと言うと消耗品となってしまいますが、普段使いのフライパンには最適で、愛用している人も国内に多くいらっしゃいます。

そこで今回シルバーストーンフライパンについて説明していきますので、興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

シルバーストーンフライパンの正しい使い方

まず、フッ素樹脂加工製品となるシルバーストーンフライパンは、絶対に空焚きをしないようにしておきましょう。

なぜなら、空焚きはフッ素樹脂被膜を壊してしまい焦げ付きの原因となってしまいます。

さらにシルバーストーンフライパンは約260℃を超えてくると、有害物質が出る可能性もありますので、空焚きには要注意です。

よってシルバーストーンフライパンは、高温調理には向いていないため、高温の調理をする際には、鉄などのフライパンを使用することをおすすめします。

基本的にシルバーストーンフライパンを使う場合は中火以下で調理を行い、フライパンが傷付かないように木べらなどを使用することが最適です。

シルバーストーンフライパンの洗い方

調理後にシルバーストーンフライパンを洗う際には、フライパンが暖かいうちに汚れを落としていきましょう。

またシリコン製のスクレーパーを使用して、汚れを取り除くと力を入れずに洗うことができるのでおすすめです。

このようにあらかじめ軽く汚れを落としたら、柔らかいスポンジで洗いましょう。

洗う際に固いタワシなどで洗ってしまうと、傷が付いてコーティンが剥がれてしまうので、それだけで寿命が大幅に縮まってしまいます。

よって洗った後には、水分が残っているかと思いますので、乾いた布巾で十分に拭き取っておくことが大切です。

万が一自然乾燥させてしまうと、水道水に含まれているカルキがフライパンに付いてしまうため、こちらもシルバーストーンフライパンにダメージを与えてしまう原因になりかねません。

シルバーストーンフライパンに食材がこびり付く場合

シルバーストーンフライパンなどのフッ素樹脂加工フライパンは焦げ付かないように新品のときは綺麗にコーティングがされていますが、フライパンに傷が付くとどうしても表面のコーティングも一緒に剥がれてしまいます。

その他にもシルバーストーンフライパンに焦げ付く原因として、

  • 空焚き
  • 高温での調理
  • 綺麗に洗えていない

などが挙げられるので、これらには十分に注意しておきましょう。

万が一空焚きや傷が付いてコーティングが破損してしまうと、修復されることはありませんので、買い換えが絶対必要になってくるのです。

しかしシルバーストーンフライパンは洗い残しによって焦げ付きやすくなる場合もあるので、まずは中性洗剤とスポンジで洗い、その後の使用を確認することをおすすめします。

おすすめのシルバーストーンフライパン

シルバーストーンフライパンは、名前も耳にすることが少なくなっており、今ではテフロンと呼ばれています。

そんなおすすめのシルバーストーンをこれからご紹介致しますので、是非参考にしてみてはいかがしょうか?

北陸アルミニウム センレンキャストフライパン

センレンキャストフライパンは、シルバーストーンフライパンの中でも人気が高い商品です。

また日本製で安心して使用することができるのが、人気の理由のひとつになっています。

さらにセンレンキャストフライパンは軽さが特徴的で、女性でも使いやすく、何より日本製なので、海外製が不安な人にはおすすめです。

特にこちらの商品はシルバーストーンフライパンの中でもプラチナ加工がされているので、耐久性も高く、価格もお手頃です。

T-fal IH対応フライパン

ティファールは大手メーカーなので、ブランド自体の知名度は世界でもトップクラスとなっています。

まさしく世界で初めてくっつきにくいフライパンを開発したメーカーとも言われており、サビにくいチタンを使用しています。

さらに6層コーティングなので、傷や摩擦にも強く、金属製のヘラなどを使用しても長持ちさせることが可能です。

シルバーストーンフライパンを使う際の注意点

シルバーストーンフライパンは間違った使い方をしてしまうと、身体に有害物質が出る恐れがあります。

さらにフライパンのコーティングも剥がれやすくなってしまうため、使い方にも少し注意が必要です。

まずシルバーストーンフライパンは、フッ素加工樹脂なので価格も安く、焦げ付きにくいので、主婦には嬉しいものです。

そのためシルバーストーンフライパンを正しく使用するには、空焚きや使用後に水に浸けるのは避けておきましょう。

フッ素樹脂加工されているシルバーストーンフライパンは、使用後すぐに水に浸けてしまうと急激な温度変化によって、汚れが焦げ付きが悪化してしまいます。

また空焚きすると有害物質が排出されてしまうリスクを高めてしまいますので、気を付けておくことが大切です。

このようなことに注意し、使用後は中性洗剤とスポンジで洗うことで長持ちさせることができます。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング