長持ちする鉄フライパンとは

鉄フライパンは、手入れが大変なイメージもあり、使いこなせるか不安と感じる人もいらっしゃるかと思います。

しかし鉄フライパンは手入れをすることで、一生使うことができるのが最大の特徴といっても過言ではありません。

この鉄フライパンで重要な手入れと言えば「油慣らし」ですが、毎日使用する度に油が馴染み焦げ付きにくくなるので、フッ素加工フライパンを購入するよりも、鉄フライパンを長く使用する方がコストを抑えることができるのです。

しかし鉄フライパンは手入れが面倒だと感じる人もおり、自分に合ったフライパンを使用することが何よりも大切です。

そこで鉄フライパンを初めて使う人のためにも、おすすめの鉄フライパンをご紹介致します。

おすすめの鉄フライパン5選

これから鉄フライパンを購入しようと思っている人も、今では多くの鉄フライパンが販売されているので、商品選びには時間がかかってしまうかもしれません。

まず事前にどのような鉄フライパンがあるのか、ここで簡単にチェックしておきましょう。

リバーライト 極

鉄フライパンの中でも人気が高いのがリバーライトの極です。

このリバーライトの極は、サイズも豊富で16cm~28cmまであり、人数分の料理に合わせてフライパンを選ぶことができます。

さらに鉄フライパンは重さがありますが、女性でも扱いやすいように取っ手部分が握りやすいようになっているのも人気のワケになっているのです。

またこの鉄フライパンは表面の特殊熱処理が施されているため、錆びにくいと言われています。

turk クラシックフライパン

このクラシックフライパンは、ドイツの150年もの歴史のあるメーカーが作っており、安心して使用することができます。

また製作過程では、何度も熱した鉄をハンマーで叩くことで丈夫な鉄フライパンを作っているので、数少ない製作法ということもあり、どうしても価格が高くなってしまいます。

しかし、この商品は単なるフライパンではなく、アンティークとしておしゃれに飾ることもできるのでおすすめです。

山田工業所 鉄打ち出しフライパン

鉄打ち出しフライパンは、その名前の通りに数千回も鉄を打って作られています。

よって表面に細かいデコボコができ、油が馴染みやすいのが特徴です。

鉄フライパンは油を馴染ますのが大変と思う人もいますが、この鉄打ち出しフライパンであれば、油馴染みが良いのでおすすめです。

よって使用前の手入れが面倒だと思う人は、そのまま使用することのできる鉄打ち出しフライパンをチェックすると良いでしょう。

パール金属 鉄フライパン

この鉄フライパンは価格も安いため、手軽に購入することができるのが魅力のひとつとなっています。

鉄フライパンが初めてで使いこなせるのか、不安な人は価格の安めな鉄フライパンから試すことが最適です。

しかし鉄フライパンの特性はしっかりとしているので、初心者の人にも十分おすすめできる鉄フライパンとなっています。

EDSTYLE 鉄のフライパン

こちらの鉄のフライパンは、新潟の職人によって作られているため、外国製が不安と言う人でも安心して使用することができます。

さらに重さも1kgもないので、女性でも使いやすい重さなのも特徴です。

またオキシナイト加工がされているのでサビにくく、油の馴染みが良いため、手入れも簡単に行うことができますよ。

鉄フライパンの代表的なメリットとは

鉄フライパンは手入れ次第で一生使用することができるという、主婦にも嬉しいフライパンですが、鉄フライパンの魅力はそれだけではありません。

その他にも

  • 鉄フライパンで調理することによって鉄分を一緒に摂取することができる
  • 熱伝導が良いため、火が通りやすい
  • 洗う際には洗剤を使用しないので、洗うのが楽になる
  • 鉄は傷に強く、コーティングが剥がれる心配がない
  • 高温調理も可能

などのたくさんの魅力があります。

鉄フライパンを購入後、油慣らしなどの手入れが面倒だと思う人には、最初から油慣らしをしているフライパンもあるのでそれらを選ぶことがおすすめです。

もちろん鉄フライパンは最初に油慣らしなどで油をフライパンに馴染ますことが重要ですが、使っていくうちに油が完全に馴染み手入れも楽になるので、慣れれば通常のフライパンのように手軽に使用することが可能です。

このことから、今では長く使用することができる鉄フライパンが国内で人気を集めているのです。

鉄フライパンのデメリットとは?

上記のように鉄フライパンは、たくさんのメリットがありますが、注意しておくべきデメリットも存在します。

また普段調理する料理によっても、フライパンの種類は変わってくるので、鉄フライパンのデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

そんな鉄フライパンのデメリットは

  • 煮物などの調理には向いていない
  • サイズによっては重く、煽りにくい
  • 熱伝導が良いため、食材が焦げやすい
  • 空焚きや油慣らしをする必要がある

などが挙げられます。

また素材が鉄なので重く手入れも大変ですが、大切に扱うことで一生もののフライパンとなります。

しかし特に女性の場合は、重い鉄フライパンを扱いにくいと感じてしまうかもしれません。

よって調理後お湯で洗った後は、火にかけて水分を飛ばし、錆びの原因を取り除くようにしておきましょう。

さらに鉄フライパンを初めて使用する場合には、まず価格の安いもので試してみるのがおすすめです。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング