鉄フライパン ランキング

テフロンやコーティング系フライパンは何度も買い替えしないといけないから、面倒。

一生使える鉄フライパンの購入を検討している人に人気の鉄フライパンをご紹介します。
国内、海外で人気のメーカーは3つに絞れるかなと思います。

他の【フライパンまとめ】

[リバーライト] リバーライト 極 ジャパン

[リバーライト] リバーライト 極 ジャパン

評価 5.0
鉄フライパンが初めての方におすすめ

鉄フライパンを初めて購入する人に1番おすすめなのが、この「リバーライトの極ジャパン」です。

通常の鉄フライパンは購入したらまず「空焼き」という作業をする必要があるんですが、極ジャパンは必要ありません。
また使い終わった後の油を塗る作業も不要です。

鉄フライパンの面倒なメンテナンスが少ないのがこのリバーライト極の最大の魅力。
なぜメンテンナンスが普通の鉄フライパンよりも必要がないかというと、鉄の表面を「窒化鉄層+酸化鉄層」にしているため面倒な手入れやサビの心配がないのです。
この特殊熱処理のおかげで、強度も通常の鉄の5倍と丈夫になっています。

より普通のフライパンのように鉄フライパンを使いたい人におすすめです。

特殊熱処理で「窒化鉄層+酸化鉄層」を形成

極ジャパンの表面はちょっと特殊な熱処理がされています。
この熱処理を行うことで、表面が窒化し、錆びにくく強い鉄になっているのです。

また錆止めの塗装がしていないため購入後すぐの空焼きは不要になっています。

メンテナンスが少なくて鉄フライパンなのにラクラク

鉄フライパンは丈夫で長持ちするのですが、メンテナンスが大変で結局使わなくなる人が多いのです。

しかしこの極ジャパンならメンテナンスが通常の鉄フライパンより少なくて済みます。
購入後の空焼き、そして、使用後の油塗りが必要ありません。

手入れが面倒で使わなくなってしまうのかな?と悩んでいる人はまずこの鉄フライパンから始めることをおすすめします。
このフライパンでも面倒に感じるのであればどの鉄フライパンも使えないと思います。

取り扱い説明書付きで初心者に優しい

初めての方に極ジャパンをオススメするもう1つの理由は、取扱説明書がついてくること。

初めて鉄フライパンを扱うとこういう時どうすればいいの?調理温度は高温がいいの?
といった様々な悩みがでてきます。

そんなときに付属の取扱説明書を見ればだいたいのことが解決できます。
普通の鉄フライパンを購入しても少し書いてあるだけで、知っていること前提になっています。
だから1度も鉄フライパンを使ったことがない人がそれらを購入すると疑問が出てくる度にネットで検索しなくてはいけません。

初心者の方はメンテナンスが少なくて扱いやすい、分かりやすい極ジャパンの使用をおすすめします。

[岩鋳] 南部鉄 フライパン

ガス火専用 インジニオ・ネオ プレミアセット

評価 5.0
愛される伝統の南部鉄器

良質な原材料を使って作られている南部鉄器は多くの人に愛されています。
岩鋳の南部鉄器フライパンは、伝統の技術を使って作られたフライパンです。表面は窯焼き仕上げによってサビ防止がされており、購入後行う必要がある空焼きは不要になります。

南部鉄器のフライパンは、ムラなく熱が全体に入りますし、初めからくっつかずに調理が可能です。

南部鉄器で安心

特に中国の鉄フライパンを使ってみると分かるのですが、同じ鉄なのに全然ものが違うことを実感できます。

伝統の技術と良質な鉄が出せる良さがダイレクトにわかりますよ。
また日本製なので、安心して使えます。特に鉄フライパンの場合は鉄が料理に溶け出してきますので、安全面には気をつけたいところです。

鋳物だから熱の入りが均一で美味しく作れる

型に鉄を流し込んで作る鉄鋳物だから底は厚く作ることができます。

鋳物のフライパンは熱の伝わり方が均一ですので、全体的にムラなく焼くことができます。
それに調理法は一緒でもフライパンが違うだけでどんな料理でも美味しく作ることができるのです。

嘘のような話ですが、買った人にだけ分かる良さです。

一生使えるから愛着がちがう

岩鋳の南部鉄器フライパンは、一生使えるフライパンです。

南部鉄器ブランドでもありますから、毎日使って育てていく感覚は人一倍。
口コミを見ると南部鉄器フライパンを育てるのが楽しくなっている人が多いのが特徴的です。

[turk] クラシックフライパン

軽いフライパン26cm ストロングマーブル

評価 4.0
海外で最も有名なターク社の鉄フライパン

ドイツのターク社が作っている鉄フライパンは、鍛冶職人が1つ1つ丁寧に作っています。
その為年間たったの8000本しか生産できません。

特徴的なデザインがこだわりを持っている人に大変うけています。
おしゃれな出で立ちで吊るしておくだけでも絵になります。

ドイツ伝統のターク社製

1枚の鉄を熱しながら叩いて作るターク社製のフライパンは、高い信頼性があり熱狂的なファンが多いです。

職人が1つ1つ作るため大量生産できません。その為お値段は他の鉄フライパンよりも高価になっています。
ターク社は1857年に創業し、現在も続いています。1度買えば1枚の繋ぎフライパンですから半永久的に使えます。

プロも愛用するフライパン

ターク社のフライパンを購入しているのはほとんどがプロの料理人です。

保温性があり、一定の温度を保ってくれるので、人気なのです。
熱まわりがよく蓄熱性に優れているので、食材の持ち味を十分に引き出しながらじっくりと安定した調理が可能です。

つなぎ目が無く頑丈で清潔感がある

取っ手とフライパン本体につなぎ目はありません。
全て1つの鉄の延べ棒からフライパンを作ります。

その為取っ手が取れる、ゴミが詰まる。といった悩みが出てきません。タークのクラシックフライパンは清潔で、頑丈です。
取っ手が長く伸びたシルエットも独特で人気の理由の1つです。

他の【フライパンまとめ】

ランキングからフライパンを選ぶ

鍋・フライパンのセット
フライパン単品
取っ手が取れるフライパン
ガス火専用フライパン
総合人気フライパン ランキング

知っておきたいフライパンのこと

今買うならチタン加工がされたフライパンがオススメの理由(表面加工の比較) フライパンの失敗しない選び方 フライパンを劇的に長持ちさせる方法 結婚や新築祝いなど贈り物に喜ばれるフライパン

人気フライパン記事