多くの人が選ぶ基準にする軽いフライパン

皆さんはご家庭で、どのようなフライパンを使用しているでしょうか。

軽いフライパンは特に女性には使いやすく、便利というメリットがありますよね。

このように女性や高齢者はフライパンを選ぶときに、軽さもフライパン選びの大きなポイントとなります。

確かに軽いフライパンは使い勝手が良いと思い込みがちですが、フライパンは底の厚さも大切なのです。

また軽いフライパンは、鉄製などの重さのあるフライパンと比べると耐久性や熱伝導が劣ってしまいます。

しかしそれを考えているとどのようなフライパンが理想なのかと疑問になりますが、普段使いするフライパンは底が厚く、軽くて持ちやすいものを目安に選ぶことをおすすめします。

そこで軽いフライパンのメリットとデメリットから、フライパンはどんな素材のものが良いかについて詳しく説明していきますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

軽いフライパンにはデメリットも多い!?

軽いフライパンの良さは、女性でも煽りやすく持ちやすいのが魅力ですが、必ずしも良いフライパンだとは限りません。

軽いフライパンの素材などによっても、さまざまなデメリットがあるため、軽いフライパンをお探しの人は、まずどのようなデメリットがあるのかチェックしておきましょう。

熱が通りにくい

チタン製のフライパンは、鉄製のフライパンと比べても重さが半分程度しかない軽いフライパンです。

しかしチタンは熱伝導率が低く、温まりにくいのが特徴です。

そのため、フライパンの表面温度や場所によってムラがあるのがデメリットとなっています。

食材がひっつく

アルミ製のフライパンの場合、軽く価格も安いのが特徴ですが、食材がひっつきやすいのがデメリットです。

そもそもこのようなフライパンはパスタを調理するのに適したフライパンとなっているので、普段の料理では使いにくいかもしれません。

焦げやすくなる

軽いフライパンはセラミックやテフロンなどのコーティングがされており、焦げ付きにくくなっています。

しかしコーティングは使用していると、どんどん剥がれてしまうため、鉄製のものと違い、長期間使うと焦げ付くようになります。

耐火能力が低い

耐火能力の低い軽いフライパンは、強火の料理に適しておらず、料理の効率も悪くなってしまうのが特徴です。

またセラミックのものだと調理中に傷付きやすいので、加工が剥がれてしまいます。

このように軽いフライパンでも素材などによってデメリットが異なるため、料理に合わせて使い分けると良いかもしれません。

軽いフライパンのメリットとは?

軽いフライパンは、扱いやすく手入れがしやすいのも魅力のひとつです。

またこのような軽いフライパンは、年配者の人にも扱いやすく、お年寄りには人気の商品となっています。

しかし素材によっては、上記のようなデメリットもあるため、自分の扱いやすいものを見つけることが大切です。

軽いフライパンの中では特にアルミ鋳物という素材のものが、重さも軽めで火加減も調整しやすいためおすすめです。

その他にも軽いフライパンはIHに対応しているものが多いため、家庭でどのように使用するのかでも選ぶ基準となります。

このように軽いフライパンでもデメリットだけではなく、メリットもありますので、購入前にどのような料理に適しているのかなどを調べておくと良いでしょう。

軽いフライパンというのも、フライパンを選ぶときには重要ですが、フライパン選びに失敗しないためには、まずフライパンの大きさも考えておくことをおすすめします。

軽いのに丈夫な「セラブリッドフライパン」とは?

軽いフライパンの中でも特におすすめなのが、今話題のセラブリッドフライパンです。

このセラブリッドフライパンは内装が白く、外装が青色で見た目もおしゃれなのが特徴です。

素材にはセラミックを使用しているため、テフロン加工と比べても食材がくっつかず長持ちすると言われています。

さらにこのセラブリッドフライパンは、軽いフライパンにも関わらず底の厚さは通常のフライパンのままなので、他の軽いフライパンよりも丈夫です。

そんなセラブリッドフライパンの口コミ

  • フライパンのデザインがおしゃれで購入した
  • 1年経過しても使うことができる
  • 普段使いの軽いフライパンにぴったり
  • 焦げ付きが気になり、買い替えを検討中

などの口コミが多くあります。

セラブリッドフライパンは本格的な料理を作ることができるので、料理が好きな人にもおすすめのフライパンです。

しかし毎回油をひいて、フライパンを洗うことが長持ちさせるためのポイントです。

そのため面倒だと思う人も少なくなく、油をひかないと焦げ付きの原因となります。

またセラブリッドフライパンは、1つでカレーや肉じゃがなどの料理を作ることができます。

まとめ

いかがでしたか?

軽いフライパンといっても、デメリットもあればメリットきちんと存在します。

毎回油を引くのが面倒だと思う人には、使用しているうちに油がフライパンに馴染むスキレットなどがおすすめです。

さらにコーティング加工のしているフライパンは、長期間使用するためには洗う際にもコーティングが剥がれないように注意が必要です。

今ではさまざまな軽いフライパンが販売されているので、上記のことを参考にしながら長期間使用することのできるフライパンを見付けてみましょう。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング