正しい手入れ方法でフライパンを長持ちさせよう

フライパンを長持ちさせるためには、第一にフライパンの手入れ方法が重要となります。

皆さんは自宅のフライパンを洗う際には、どのような洗い方をしているでしょうか。

フライパンを間違った洗い方などの手入れ方法を行っていると、焦げ付きの原因となってしまいます。

例えば鉄フライパンの場合は洗剤を使用せず洗うのが基本で、このようにフライパンの素材によって洗い方も異なるのです。

よってせっかく長く使用することができるフライパンでも、焦げ付きがひどくて買い換えてしまう人も少なくありません。

そこで正しいフライパンの手入れ方法を身に付け、フライパンを長持ちさせられるようにしておきましょう。

鉄フライパンの正しい手入れ方法

通常のフライパンはテフロン加工のされたフッ素加工フライパンですが、このフライパンはタワシなどで強くこすってしまうと、コーティングが剥がれやすくなります。

よってフッ素加工フライパンは、フライパンがまだ暖かいうちに汚れを落とし、中性洗剤を使用して柔らかいスポンジで洗うのが正しい手入れ方法になります。

しかしフライパンによっては手入れ方法に少し違いがあり、高価なフライパンでも間違った洗い方などをしていると、すぐダメになってしまうので注意しておきましょう。

鉄フライパンは普段の手入れ方法次第で、一生もののフライパンとなり、毎回買い換える必要が無くなります。

この鉄フライパンは購入して使う前に手入れをする必要があり、その手入れ方法に付いて説明致します。

使用する前に

鉄フライパンを購入したらまず弱火~中火で空焚きを行い、油慣らしを行います。

鉄フライパンは油慣らしをすることで、油の被膜を張ることができるため、焦げ付きにくくなります。

よく鉄フライパンを購入しても焦げ付きやすいという声を耳にしますが、使用する前にはこのような手入れ方法を行うことが大切です。

また油慣らしをする際には、フライパン全体に油を馴染ませるようにするのがポイントです。

洗い方

調理後は汚れが落ちやすい暖かいうちに、タワシを使用して洗いましょう。

しかし洗う際に、鉄フライパンに洗剤を使用するのはNGです。

せっかく馴染んだ油が落ちてしまうため、タワシでこすってお湯で流すだけで十分です。

アルミフライパンの手入れ方法

アルミフライパンは購入したら、お米のとぎ汁などを使って煮立てておく手入れ方法がおすすめです。

なぜかというとアルミフライパンは変色しやすく、このように煮立てることによって変色しにくくなるのです。

洗い方

調理後洗う前に、まず水で汚れを落としてから、洗うようにしましょう。

またアルミフライパンは洗剤を使用しても問題ありません。

しかし洗った後はしっかりと水切りをしておかないと、黒ずみができる原因となりますので注意しておきましょう。

焦げ付いたときの手入れ方法

アルミフライパンに焦げ付きができた際には、水で冷やしてからタワシで落とすのが最適です。

しかし金属タワシは、傷付けてしまうため使用しないように注意が必要です。

またひどい焦げ付きには、洗剤と水を入れ沸騰させるとタワシでこすると落ちやすくなりおすすめです。

ステンレスフライパンの手入れ方法

ステンレスのフライパンも上記の鉄フライパンと同様に、購入後使用する前に油慣らしをする必要があります。

焦げ付きにくいフライパンにするためには、油慣らしは大切ですので、少し手間がかかりますがこの手入れ方法をしておくことをおすすめします。

洗い方

調理後の洗い方も鉄フライパンとほぼ同じで、洗剤は使用しないように注意しておきましょう。

しかしステンレスフライパンは、洗う前にお湯や水に浸けておくことによって汚れを浮かせることができます。

よって使用後は、浸け置きしてから洗うのが最適です。

焦げ付いたときには

ステンレスフライパンは焦げ付いてしまうと、なかなか落ちにくくなります。

そんなときには汚れを落とすために、アクリルスポンジを使用することがおすすめです。

アクリルスポンジは、強くこすっても傷付きにくいため、頑固な汚れを落とすにはベストです。

フッ素加工フライパンを長持ちさせる手入れ方法

普段使いとしてフッ素加工フライパンを使用している人は、多くいらっしゃるかと思います。

しかし洗うときに傷ができ、コーティングが剥がれてしまい、焦げ付きやすくなる場合もあるので、手入れ方法には注意しておかなければなりません。

そんなフッ素加工フライパンを長持ちさせる手入れ方法は、

  • 中火以下で使用し、空焚きは禁止
  • 傷の付かない調理器具を使用する
  • 調理後はすぐに洗う
  • 柔らかいスポンジで洗う
  • 洗った後は布巾などで水分を拭き取る

などが重要なポイントとなります。

フッ素加工フライパンは消耗品ですが、上手く手入れをすることで約4年は使い続けることができます。

中には1年程度で買い変えてしまう人もいますが、正しい手入れ方法を把握して長持ちさせると良いでしょう。

フッ素フライパン洗うときにはスポンジで大きく動かしながら洗うのではなく、小さく丸を書くように洗うと汚れを残さず綺麗に洗えます。

このようにフライパンの素材によって焦げ付いた際の手入れ方法なども変わってくるので、自宅で使用しているフライパンに合った手入れ方法を知っておきましょう。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング