格安フライパンの魅力

高価なフライパンはもちろん性能も良く、使いやすいものばかりです。

しかし「高価なフライパンを試すのは気が引ける…」と思う人も少なくありません。

そのような場合は格安なフライパンを長持ちさせ、使用するのも1つの方法です。

しかし格安フライパンといっても、どのようなものがあるのか疑問に思いますよね。

そんな格安フライパンの中には、焦げ付きにくい優秀なフライパンもあり、普段使いのフライパンには最適です。

しかし格安フライパンは値段が安い分、コーティングが剥がれてしまったりすることも多いため、基本的に消耗品と思って使用することをおすすめします。

そこで今回は格安フライパンについて詳しく説明致しますので、是非参考にしてみて下さい。

格安フライパンを長持ちさせるポイント

格安のフライパンであればスーパーでも、1000円程度で購入することが可能です。

そもそもどんなに高いフライパンもコーティングされているものは、いずれ剥がれてしまいます。

よって買い換える必要があるのであれば、格安なフライパンで長持ちするものを選ぶことでコストを抑えることが大切です。

しかし焦げ付かない格安なフライパンを購入したいという人には、フッ素やテフロン加工のフライパンをおすすめします。

フッ素加工のフライパンなどのコーティングされているフライパンは、焦げ付きにくく、手入れが簡単なのが最大の魅力です。

そのため、格安で手入れが楽なフライパンを選ぶのでしたら、フッ素加工のフライパンを選ぶことをおすすめします。

しかし長持ちをさせてコストを抑えるのであれば、5000円程度の鉄フライパンを購入すると良いでしょう。

鉄フライパンは特徴として、タワシでこすってもコーティングが剥がれてしまうという心配がなく、手入れ次第で長く愛用することのできるフライパンです。

しかし鉄フライパンでの油慣らしなどの手入れが面倒と思う人もおり、自分に合った格安のフライパンを選ぶことが重要です。

せっかく長持ちする鉄フライパンを購入しても、手入れが疎かになってしまうと、焦げ付きの原因となるので注意しておきましょう。

格安フライパンの「ダイヤモンドコートフライパン」がおすすめ!

焦げ付かない格安フライパンとして、近年多くの人が注目しているのがダイヤモンドコートフライパンです。

こちらはテフロン加工フライパンの中でも性能が良く、ダイヤモンド粒子をテフロン樹脂に混ぜて使用しているので、摩擦にも強いフライパンなのが特徴です。

そもそも格安のテフロンだけのフライパンは、どうしても摩擦に弱く、すぐに剥がれてしまいます。

しかしダイヤモンドコートフライパンに格安な商品なんてあるの?と疑問に思われる方の多いかと思いますが、ダイヤモンド粒子は人口のダイヤモンドのものを使用しているため、値段も本格的なものと比べ格安で入手することができるのです。

どれくらい長持ちするの?

焦げ付かないことを売りにしたテフロン加工のフライパンも多く販売されていますが、そのほとんどが半年~1年でコーティングが剥がれ焦げ付きやすくなるのが特徴です。

しかしダイヤモンドコートフライパンは、2年以上焦げ付かないと言われています。

また格安フライパンの寿命は、使用頻度や使い方によって異なりますので、普段から傷付けないように工夫して使うことが長持ちさせるポイントです。

そしてダイヤモンドコートフライパンを使用した人の中では、1年も持たずに焦げ付いたと言う声もあります。

このようなダイヤモンドコートフライパンですが、そもそもは表面をただコーティングされているものですので、フライパンに傷が付いたり、高熱で使用してしまうと簡単に傷む原因となってしまいます。

普段使いのフライパンとしても十分使用することのできるダイヤモンドコートフライパンは、サイズにもよりますが、約3000円程度の格安価格で購入できるのが特徴です。

格安と言っても通常のテフロンの2倍長持ちするので、気になる方は是非試してみてはいかがでしょうか。

格安フライパンを使用する際の注意点

格安フライパンの多くは、上記でも説明した通りフッ素樹脂加工のされているフライパンです。

そこで、コーティングされているフライパンを使用する際の注意点をいくつか説明します。
まずフッ素加工が施されている格安フライパンは、

  • 木べらなどの傷の付きにくい道具を使用する
  • 中火以下で使用
  • 空焚きは禁止
  • スポンジで洗う
  • 水分は拭き取る

などの注意が必要となります。

空焚き禁止なのはどのフライパンでも共通して言えるため、皆さんもご存知かと思いますが、空焚きは湯毒物質が出る可能性もあるため、絶対にしないようにしておきましょう。

また耐熱性もあまり高くないため、高温調理はおすすめできません。

洗う時には傷が付かないように、柔らかいスポンジで丸を書くように細かく洗うことが最適です。

さらに使用後に水に浸けてしまうと、急激な温度変化で余計に調理で付いた汚れがこびりつきやすくなってしまうので注意しておきましょう。

また、格安フライパンは水分を拭き取らずに保管してしまうと、水道水の成分が付着したままになってしまうので、拭き取るようにすることを心がけておくことが重要です。

これはフッ素加工フライパンに限らず、どんな素材のフライパンもしっかりと手入れすることで長く使うことができますので、今ご使用のフライパンの手入れ方法も長持ちをさせるために見直しておきましょう。

いかがでしたか?

これから買い換えようと思っている人には、格安フライパンもコストが抑えることができますので、是非一度チェックしてみることをおすすめします。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング