フライパンにもブランドがある!?

ブランドのあるフライパンは使いやすくいものが多く、安心して使用することができます。

しかしブランドのフライパンと言っても、さまざまなものがありますので、その中から自分の使いやすいフライパンを見つけることが大切です。

またフライパンのブランドによって素材も変わってきます。

例えば鉄フライパンは手入れが面倒だから、フッ素加工されたフライパンが良いという人もおり、条件に合ったブランドから探す必要があります。

しかし反対に長く使い続けることのできる鉄フライパンを探している人もいるかと思います。

ですがブランドのフライパンはどこのものが良いのかと悩む人もいると思いますので、ブランド別にフライパンをご紹介致します。

ブランドのフライパンを購入する前に

ブランドのフライパンを選ぶ前には、大切なポイントがあります。

普段から使用するフライパンは、自分に合っていないと失敗してしまうこともあり、注意が必要です。

フライパンを選ぶ際に大切なポイントは

  • サイズ、大きさ
  • 重さ
  • 取っ手の握りやすさ
  • フライパンの素材
  • コーティング

などで、自分の重要なポイントを押さえてから、ブランドのフライパンを絞っていきましょう。

その他にも購入する際に外せないのが、価格かと思います。

高いものでもブランドによっては、保証期間が長いものがあり、毎回買い変えるよりもお得です。

よって自分にとって、どのブランドのフライパンが使いやすいのかをさまざまな面で考えることが、失敗しない選び方となります。

ブランドのフライパンにはどんな素材があるの?

せっかくブランドのフライパンを購入するのであれば、長持ちさせられる使いやすいフライパンが良いですよね。

フライパンは主に

  • 鉄製
  • アルミ製
  • フッ素加工

などがあり、鉄製のものは手入れが重要ですが、どんな料理にも万能に役立つことができます。

さらにアルミ製は熱伝導が良く、パスタなどの料理を良くする人には最適です。

このように素材や料理からも、使いやすいフライパンは人によって変わってきます。

フライパンのサイズも

  • 1~2暮らし 24~26cm
  • 3人暮らし 26~28cm
  • 4人暮らし以上 28cm

となっており、人数分の料理を作るためには、フライパンのサイズも大切です。

ブランド別・人気のフライパン5選!

普段から美味しい料理を作るためには、フライパンが必要不可欠となります。

簡単な料理から凝った料理、お菓子までも作るときにはフライパンは欠かせませんよね。

そんな大切なフライパンはやはりブランドにもこだわりたい!と思いますが、何が違うのか分からないと言う人はどんなブランドがあるのかチェックしてみましょう。

ruhru健康フライパン

ruhru健康フライパンは価格は高めですが、10年保証の付いているフライパンです。

そのため焦げ付いたり、何らかの問題があると10年間保証してくれますので安心して使用することができます。

通常のフライパンはコーティングが剥がれてしまうと、買い変える必要があり、使い捨てのようになってしまいます。

しかしruhru健康フライパンであれば、10年間しっかりと使用することが可能です。

このように1年に1度買い変えすることを考えてみると、高めのruhru健康フライパンの方がお得です。

よって保証付きの安心して使用することのできるブランドのフライパンをお探しの人は、ruhru健康フライパンも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

>ルールの健康フライパンの口コミまとめ

リバーライト極 鉄フライパン

リバーライト極は日本製のブランドで、海外製のフライパンは少し不安・・・と言う人にもおすすめの商品です。

しかし鉄フライパンはサビそうでと思う人もいますが、鉄フライパンは手入れをして、使い込むことで油が馴染み、サビや焦げ付きの心配も無くなります。

また鉄フライパンは丁寧に手入れすることで、半永久に使用することができるため、フライパンブランドでも人気が高いフライパンです。

また、もし焦げ付いた場合もタワシでこすって落とすことができ、傷の心配をする必要がありません。

何よりも日本製なのが魅力のひとつですが、ステーキも本格的に調理することができるので試してみる価値はあります。

>リバーライト極の口コミまとめ

GSW セラミカストーンフライパン

こちらは上記で紹介したruhruの姉妹ブランドであり、こちらのフライパンも10年保証が付いています。

そのため正しく使用していれば、10年も使用することのできるフライパンです。

また一般的なフッ素加工よりも、耐久性のあるセラミック加工を使用しており、耐熱温度が400度もあるのです。

よって火加減を強めで行う炒飯や炒め物にも、おすすめできるフライパンとなっています。

パール金属 ブルーダイヤモンドフライパン

こちらのブランドのフライパンは、価格が安く手軽に購入することができるのが魅力です。

このように価格は安いですがガスやIHでも使用可能なので、普段使いのフライパンにはおすすめです。

しかしブルーダイヤモンドフライパンは、強火の使用は避けるようにしましょう。

また中火以下で使用することがベストで、強火で使用してしまうとフライパンが傷む原因となります。

よって火加減が上手く調整できない人は、上記のような耐熱性のあるフライパンを購入するのが最適です。

T-fal フライパン

ティファールというブランドは、皆さんも耳にしたことがあるかと思います。

このティファールのフライパンは、取っ手が取ることができ、綺麗に収納したい人にはおすすめです。

新・6層インテンシウムコーティングというもので作られており、耐久性もあるため、焦げ付きにくく長持ちするのが特徴です。

また熱伝導が良いので、少量の油でしっかりと調理することができます。

>ティファールの口コミまとめ

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング