一人暮らしや独身の方向けのフライパン!?

「一人で暮らし用と家族用でフライパンの選び方に何か違いがあるの?」と思われる方はいるかもしれません。

しかし一人暮らしと家族では料理をする量、頻度、環境などが変わってくるかと思いますので、料理器具もそれに合わせた選び方をすることが大切です。

さらに自炊をする際には、フライパンが欠かせないといっても過言ではありません。

よって料理の経験がない、又はそんなに得意ではない方には是非これから説明するフライパンの選び方とポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

一人暮らし、独身の方必見!フライパンの選び方と5つのポイント!

ではさっそく一人暮らしの方向けのフライパン選びのポイントについて分かりやすく説明していきます。

1. テフロン加工、フッ素加工がされてあるフライパンを選ぶ

フライパンは一見どれも同じかと思われがちですが、素材によって使い勝手が180度変わってしまいます。

鉄製、銅製、アルミ製、ステンレス製のフライパンは、焦げ付いたり、お手入れの手間もかかってしまうため、フッ素加工の洗剤で洗えて焦げ付きも予防できるフッ素加工が施されているフライパンがオススメです。

しかし、フッ素やテフロンは2・3年で剥がれおちてしまうので、表面の滑りが悪くなったと感じたら買い換えることが大切です。

よって一人暮らしで自分用に使うフライパンは、高価で本格的なものを選ぶのではなく、安くて短期間に使い捨てができるものを選ぶと良いでしょう。

2. 深さのあるフライパンを選ぶ

一人暮らしや独身の方の場合、一人前の料理をすることが多いため深いフライパンを選んでおくことがポイントです。

深めのフライパンがあれば、焼く、煮る、蒸す、茹でる、炊く、揚げるの6種類の工程ができるので、料理だけでなくお菓子作りにまで、ほとんどのものがその1台で賄えるようになります。

3. 取っ手が木のタイプのフライパンを選ぶ

取っ手が鉄やステンレスだと熱さが伝わってしまい火傷をしたりしてしまう可能性も少なくありません。

では熱さが伝わらない樹脂製のものだと良いのでは?と思われるかもしれませんが、樹脂は熱にさほど強くなく、次第に溶けていってしまいます。

よって樹脂製の取っ手でも、調理中に取り外しが効くものか木でできた取っ手を選ぶことが大切です。

4. 素材もしっかりチェックしておく

フッ素加工されているフライパンでも、材質は種類によってさまざまです。

アルミ製のものはフッ素加工が成されているものが多く熱伝導率も良いので、一人暮らしの方には調理時間を短縮することができるためオススメです。

フッ素加工のフライパンを使用する際の注意点

フッ素加工とテフロン加工はそもそも同じ意味で使われており、呼び方が違うだけの違いです。

そのフライパンに焦げ付き防止としてよく成されているフッ素加工ですが、間違った使い方をしてしまうと人体に悪影響を及ぼしてしまうため注意が必要です。

まず、フッ素加工のフライパンで絶対してはいけないのが「空焚き」です。

フッ素はいわば樹脂なので、長い間加熱し温度が高くなりすぎてしまうと有毒なガスが発生してしまうのです。

よって、400℃を超えないように空焚きや水分を飛ばす作業は避けるようにして下さい。

しかし、普段の料理で有害な物質が発生するワケではないため、過度の注意は必要ありません。

空焚きはフッ素に悪いだけでなく火事の危険性もあるため、料理が終わったらきちんと火が止まっているかを確認しておきましょう。

いかかでしたか?

一人暮らしや独身の方であれば自炊する機会も増えてくるかと思いますので、フッ素の使い捨てできる3000円前後の安価なフライパンを選ぶことをオススメします。