小林あこさんのクチコミ評価

商品名 アサヒ軽金属
購入場所 生協のカタログ
焦げ付き 酷い 所々 焦げ付かない
重さ 重い 普通 軽い
ヘタってきた はい いいえ 手入れの手間 手間
満足度 使用年数 半年
お勧めフライパン アサヒ軽金属

アサヒ軽金属の使用レビュー・体験談

主婦になって10年色んなメーカーを試しました

テレフォンショッピングや店頭で目にする物が良いとされるものはいただく機会もあり、いくつも試してみました。

波型になっているものはししゃもが美味しく焼けましたが、ふたがついていなかったので匂いが漂い、蒸し焼きにできないので大きい肴は時間がかかる上にぱさぱさになり、おまけに重たかったので扱いずらいという難点が多かったです。

取っ手に工夫があっていくつもセットになっていて重ねられるものは、使用していくうちに取っ手が壊れてしまいました、ボウルとして使っていましたが重たいし、泡だて器によって傷がついて加工がはがれてきたので捨てました。その間は1年なかったと思います。いただいたものなので良かったですが、高いお金を出して買わなくて良かったと思いました。

中華鍋のような大きいものは煮つけもできますといううたい文句でした。これなら一個でいろんな料理ができるかも、置き場にも困らないし、そんな期待をかけていましたが、チャーハンが作れない、くいっと手首で返すというのができないんです。角度が深いので、ヘラでひっくり返すことになりチャーハンはベタベタしました。我慢して使っていましたが、やはり加工が剥げてきてさようなら、4か月くらいだったと思います。

次は鉄製の重たいもの、餃子やチャーハンがおいしくできました。でも、お肉を焼くときなどはなぜかムラができたり、たれが焦げてカリカリした状態になりました。

どれもそれなりに良かったと思います。でも、一個で何でも作れて、長く使える丈夫なものっていうのは存在しないのかもしれないと思いました。

キズが付く原因は、トングやフライパン返しなのか

調理器具で、フライパンと擦れるのはトングやフライ返しですね。金属の物を使っていたら、ひっかいてしまうこともありますから、シリコン製や耐熱ゴムのものも試しました。でも半年もしないうちにフライパンの加工は必ずはがれてくるのです。

そこで考えたのは、しまう時の重ね方です。普通は大きいもののなかに小さいものを入れ子式にしまいますよね。引き出しを出し入れするたびにそれは擦れて、細かい傷を作っていたに違いありません。残念ながら一つづつ並んで収納するようなスペースは、我が家にはありませんから、チラシを挟んだりして負担をかけないようにしてみました。しかし、出産入院で義理母に台所を預けた時に、傷だらけになっていてビックリしました。シンクまでたわしでこすって傷だらけです。ショックでした。

どんなに高級なものも劣化する

私がたどりついたのは「どんな高級なフライパンも焦げついてくる」です。どんなに大事に使ってもコーティングがはがれてくるということです。せっかく気を使って高いものを使用していても、出産子育てを経過すると自分以外の人が料理することも多く、文句も言えません。取っ手が悪くなることもしばしばあります。ある程度「あきらめがつくようなもの」を使っていた方が自分にとってはストレスが少ないと気づきました。

それからは、セールなどで安いフライパンが売っていたら、今使っているのが劣化してなくても購入しておきます。そして愛用していたものが焦げ付くようになったら交換するのです。愛用品で心苦しいからと、焦げ付いてしまうのにそのまま使うケースが考えられますが、加工に使われている成分が削れたり溶けだしたりしているわけですから、安全性を考えれば交換するほうが健康的だと思います。

アルミの雪平鍋が最高

一方鍋のことですが、アルミの雪平鍋は6年以上使っています。お湯を沸かすヤカンよりも長持ちで、取っ手のネジを締め直したことはありますが、ずっと使用しています。焦げ付いた時もしっかり洗えば復活しますし、軽くて本当に使いやすくて万能です。可愛らしいホーロー鍋やミルクパンもありましたが、全然使わないので実家にあげました。綿をゆでるにも、煮物にも、これがあれば充分なのです。こちらは愛用品と呼べるものになっています。

焼くことはできない

雪平鍋で炒め物をしようとしたらすごくくっつきました。火力を弱くして、油たっぷりならなんとかできるという程度。やはり用途に合わせてできているものなのですね。

フライパンは600円

最近買ったフライパンは税抜600円です。これで数か月は使えます。3,000円以上のものでも半年程度しか持たないことを考えると本当にお得で、経済的とは思いませんか。

焦げ付いてきたけど、次はどんなの買おうかと考えているうちに加工がはがれてきて焦げ付く悪いフライパンを使い続けているのは身体に悪いです。セールを待つわけにもいかずまた高いフライパンを購入したら、また半年先に同じように買うことになります。フライパンでできる料理は多く、毎日使っているので私のやり方は本当に経済的だと考えています。

年間で3回買い換えたら、1800円と9000円の差です。これなら食材にお金をかけたほうがいいです。

2017年の人気フライパンランキング!今フライパンを買い換えるならどの商品?

2017年に新しくフライパンを買い換える予定の方、今まさに良さそうなフライパンは無いかなーと探している方にフライパンの人気情報をまとめました。

ここでご紹介するのは、プロ用のフライパンではありません。
ご家庭で使うメンテンナンスが楽で長い間焦げ付かない・くっつかないフライパンのランキングです。

2016年人気フライパンランキング
2017年にフライパンを買い換えるなら?人気ランキング