どんなフライパンがアウトドアに向いてるの?

夏のように暑い季節になると家族や友人でバーベキューやキャンプなどをする機会が増えてくるかと思います。

そんな中でみなさんはどんな調理器具をアウトドアで使っていますか?

近年においてはアウトドアでも気軽に使用できるフライパンが数多く発売されており、それらによって調理の幅が広がるだけでなく、食材もより美味しく調理ができるように工夫されています。

もちろん、アウトドアだけでなく家庭で料理をする際にも使用することができるので、そんなフライパンを一台買っておいても損はありません。

よってこれからはアウトドア向けのフライパンの素材や形状について詳しく説明しますので、興味のある方は是非参考にしてみて下さいね。

アウトドア向けのフライパンの素材が気になる!

キャンプなどで使用するアウトドア向けの料理器具で最も人気あり、選ばれやすいのはクッカーというフライパンです。

クッカーとは、キャンプなどでの料理の際にフライパン、鍋、器として使えるとても便利なアイテムとなっています。

しかしクッカーにも色々な種類のものがあり、それぞれで素材が変わってくるため、それらの特徴を知っておくことが大切です。

アルミ製

アルミは熱伝導性が良く熱が伝わりやすいため、アウトドアでは嬉しい時短料理をすることできます。

しかしアルミ製のクッカーは価格も安く手軽に購入することができますが、アウトドアフライパンの中でも特に焦げ付きやすく、強度もあまり良いほうではないので少し注意が必要です。

ステンレス製

ステンレス製のフライパンはサビにくい上に強度が強くお手入れしやすいというメリットがありますが、アルミ製と同じく焦げ付きやすい素材となっています。

チタン製

アウトドア向けのフライパンの中でもチタン製のものは、強度が高く軽量なので人気ですが、他の素材よりも価格水準が高いためアウトドアに慣れていないという方にはあまりオススメできません。

鉄製

鉄製のフライパンはお手入れが大変なイメージもありますが、使っていくうちに食材が焦げ付きにくくなくなるため、お手入れ次第では長く使用することができます。

また、鉄製なのでその重さから運ぶ面で大変だというデメリットがありますが、食材にムラなく熱を通すことができるので、ステーキのように分厚いお肉を焼くのには最適なフライパンです。

そして鉄製のフライパンは、クッカー以外にもスキレットと呼ばれるフライパンが調理しやすくオシャレなのでおすすめです。

このようにアウトドア用のフライパンの素材はたくさんあり、それらによってメリットやデメリットも変わってきますので、調理のしやすさや持ち運びの便利さを基準に選んでみると良いでしょう。

アウトドアフライパンには大切な形状も要チェック!

上記でも述べている通り、アウトドアに利用できるフライパンの素材の種類はたくさんのものがありますが、形状も色々な種類がありますので自分の調理しやすいものを選んで活用していきましょう。

深型

深型のフライパンはその名の通り、底が深くできていてバックパックにも収まりやすい形状をしているのでアウトドアにはオススメです。

しかし深さが深い分熱にムラがでてきてしまうので、炒め物などにはあまり向いていない商品となっています。

浅型

浅型のフライパンは火の当たる面積が多く、ムラなく火が通るので煮込み物をする際におすすめです。

さらに浅型は使用後にも洗いやすいため、後片付けを楽に済ませることが可能です。

浅型のフライパンのスキレットは、蓋をすれば圧鍋の代わりのもなり、アウトドアでも大いに役立せることができます。

この2種類がフライパンの形状による違いなので、アウトドア向けの調理器具を購入するときには、収納や調理勝手のことの考えて選ぶことをオススメします。

さらに最近では取っ手部分の取外しができるものもありますので、そのような他機能性も重視して購入すると良いでしょう。

アウトドア向けのフライパンを選ぶときのポイント

持ち運びやすさや収納のしやすさは、アウトドアフライパンを選ぶときに悩んでしまうポイントとなってきます。

よってアウトドア向けのフライパンを購入するときには、形状や素材を見て選ぶことが大切です。

特にアウトドアが初心者だという方は、深さがあるフライパンを選ぶとお湯を沸かす、煮物を作る、炒めものをするなどのさまざまな用途で使用できるので、まずは深いフライパンを1台買っておくことをオススメします。

このような上記のことを基準にして選ぶことで、キャンプやBBQの際にも不便なく楽しんで調理することができるため、フライパンはフライパンでも形状と素材は購入前にしっかりとチェックしておくことが重要です。

アウトドアでのフライパンを使った簡単料理!

アウトドアで簡単にできるオススメ料理を軽くご紹介しますので、気になるものがあれば是非試してみてはいかがでしょうか?

1.アクアパッツア

まずあさり塩抜きしておきます。

その間にフライパンへオリーブオイルを敷き、ニンニクを軽く炒めたら、アサリと白ワインを入れて蒸し焼き状態を作ります。

アサリが開いたらミニトマトを入れ、それを1分程度蒸して、塩で味を整えれば完成です。

2.カレーライス

まずは野菜や肉などの材料を切り、しょうがとニンニクをみじん切りにしておきましょう。

切り終わったら、底の深いクッカーや鍋に油を入れ、ニンニクとしょうがを軽く炒めて香りを出しておきます。

香りがしてきたら肉、野菜の順番で炒め、水とコンソメを入れて煮込んでいきます。

次に具材に火が通ったら、最後にカレールーを入れて少し煮込めば完成です。

カレーはキャンプなどのアウトドアで作る料理の定番ですが、家庭で作る普段のカレーの調理手順でそのまま作っても美味しく作ることができますよ!

しかし、アウトドアならではの焼きカレーや野菜カレーのレシピもネットでは数多く紹介されているため、特別感を出したいというときにはそちらのアレンジレシピもオススメです。

3.ピザ

まずはピザの生地作りですが、ボウルに強力粉、薄力粉、砂糖、塩、水を入れて軽く混ぜていきます。

そして、粉っぽさが無くなったら台の上でしっかりこねていきましょう。

ある程度生地としてしっとりまとまってきたら、それを3等分にしてラップで包み発酵させていきます。

発酵が終わったら生地を伸ばして、好みの具材やソースをかけてフライパンで焼けば完成です。

焼き始めはフタをしておくと、表面もふんわり美味しいピザができるのでオススメです。

しかし、ピザ生地を外で作るのは大変なので、生地作りまではあらかじめ自宅で行っておくと良いでしょう。

いかがでしたか?

このようにフライパンだけでも幅広い料理をすることができますので、アウトドアをするときにはフライパンを一台持っておくといざという時に役立つこと間違いナシです!