おすすめの水筒-min

水筒は遠足や遠出のために持って行くものというわけではなく、最近は水筒を持ち運ぶ人が多くなっています。「水分補給が身体の健康維持のために必要」という健康志向や、「ごみを出さない」というエコな点などが理由です。

いろいろな種類が販売されていますが、どんな水筒がおすすめなのでしょうか?おすすめの水筒や水筒の選び方をご紹介します。

おすすめの水筒12選

水筒を選ぶ時には、何を基準に選んでいますか?おすすめの水筒を条件別にご紹介します。

おしゃれなデザイン

CORKCICLE CANTEEN(コークシクル キャンティーン)16oz

CORKCICLE CANTEENはアメリカフロリダ発のおしゃれな水筒。保冷保温に優れており、機能性もばっちりです。すっきりとしたボトルの形をしていますが、氷も入る大き目の口です。側面はフラットで持ちやすく、シリコンのすべり止めもついているという使いやすさもあります。

素材にもこだわりがあり、環境ホルモン物質と言われているBPAを含む使用はしていません。カラフルなカラーが揃っているので、男女問わず楽しめそうです。価格は3,790円(税込)です。

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) インスレートクラシックボトル20oz

Klean Kanteen インスレートクラシックボトルはKlean Kanteen独自のクラシックボトルのスタイリッシュなデザイン。BPAを使用していないことにこだわり、環境や健康にも優しい製品です。

高性能ダブルウォールの真空遮断構造で、保温保冷効果も高いのです。カラーも豊富で、塗装の強度も高いのですぐに色が剥げてしまうという心配もありません。他の水筒とは違う、スタイリッシュなデザインが魅力的です。価格は4,320円(税込)です。

軽い・軽量が特徴的な水筒

ヴィヴ シリコンアクティブボトルアクティブ

ViV シリコンボトル アクティブ 700ml オレンジ 59893

ViV シリコンボトル アクティブ 700ml オレンジ 59893

1,316円(06/24 10:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

ヴィヴ シリコンアクティブボトルアクティブは日本製の高品質シリコンを使用しているので、耐熱温度が140度、耐冷温度が-30度と、電子レンジで使えたり、冷凍庫で凍らせたりすることもできます。

そしてなんといっても軽い。飲み終えた後は、丸めて付属のリングに止めて持ち運ぶことができるのでかさばりません。スポーツにも毎日の仕事にも重さを気にせず持って行けそうです。オレンジ、ピンク、ブルー、グリーンの4色で元気が出そうなカラーばかりです。価格は700mlサイズで1,482円です。

TODAY’S SPECIAL MY BOTTLE

MY BOTTLE マイボトル (500ml)

MY BOTTLE マイボトル (500ml)

2,500円(06/24 10:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

TODAY’S SPECIAL MY BOTTLEは透明で、中にいろいろな飲み物を入れて持ち運べることで、人気になりました。デトックスウォーターのようにフルーツを入れて楽しみ、インスタ映えがするということも話題になっています。今では100均にも類似品が販売されています。

本来のTODAY’S SPECIAL MY BOTTLEはペットボトル感覚で使えて、軽くて丈夫なことが特徴。温・冷のどちらでも入れることができます。BPAフリーのトライタンという素材が使用されています。人体に安全なところも魅力です。

保温保冷機能はありませんが、軽くていろいろな飲み物を入れられるので便利です。価格は1,512円(税込)です。

洗いやすくて衛生的な水筒

タイガー ステンレスミニボトル サハラマグ0.5L

タイガーは魔法瓶で有名なメーカー。ステンレスミニボトルサハラマグは、軽くて使いやすい無駄のない水筒です。ふたを外してそのまま飲めるマグタイプ。まるでマグカップのような口当たりです。

そして、本体は丸洗いができるので、すみずみまで清潔に保てます。ボトルの内面は光沢のあるスーパークリーンプラス加工という技術が使われています。汚れやにおいが付きにくく、さっと洗うだけで清潔なのです。

超軽量でコンパクトサイズ。保温保冷機能も抜群で1年中活躍してくれそうです。価格は2,376円(税込)です。

象印 ステンレスマグ 0.48L

象印はポットや水筒で有名な日本のメーカー。象印ステンレスマグ0.48Lは保温保冷もできますし、ちょうど良い大きさで使いやすいと人気です。

口が広くできているので、中もキレイに洗いやすくなっています。そして、内面フッ素コートがされているので、水切れが良く茶渋のような汚れやにおいが付きにくくなっています。

そして、嬉しいのが分解できる中栓です。パッキンをはずして、分解することができます。細かい部分まで洗うことができるので、衛生的です。価格は2,678円(税込)です。

便利な機能性を備えている水筒なら

スタンレー クラシック真空ボトル 0.47L

スタンレークラシック真空ボトルは、なんといっても驚異的な強度があることで知られています。12000メートルの高さから落としても壊れず、アメリカの軍隊でも採用されていたとのことです。保温保冷の機能も優れています。

0.47Lは強度があるけれど、約460gと軽く持ち運びに便利なサイズ。クラシックなデザインでアウトドアにも最適です。価格は5,616円(税込)です。

サーモス 真空断熱ケータイマグ(ワンタッチオープンタイプ)0.5L

サーモスの水筒は定番中の定番。真空断熱ケータイマグ(ワンタッチオープンタイプ)0.5Lはスポーツやオフィスに持って行くのに、ちょうど良い大きさで人気です。

サーモスの水筒を見たことがないという人はいないのではないでしょうか?保温保冷の機能性には信頼があり、超軽量。持ち運びも楽々です。ワンタッチでオープンしますし、お手入れもしやすいのです。カラーのバリエーションも豊かなのも嬉しいですよね。

価格は2,678円(税込)です。

コーヒー用なら

カフア コーヒーボトル

CBジャパン カフア コーヒーボトル シルバー

CBジャパン カフア コーヒーボトル シルバー

1,598円(06/24 10:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

カフア コーヒーボトルは、コーヒーの味と香りを楽しめるような設計になっています。飲み口が広く、コーヒーカップで飲む時のような感覚。内側にはテフロン加工がしてあるので、汚れが付きにくく、落ちやすいので衛生的に毎日使うことができます。

デザインもメタリックでかっこよいのも雰囲気があります。保温保冷効果があるので、アイスでもホットでも美味しく飲めます。価格は2,099円(税込)です。

モッシュ ステンレスボトル350ml

モッシュステンレスボトルは、コロンとした牛乳瓶のようなかわいらしい形。コーヒーを飲む時に、ほっと一息つけそうです。保温保冷効果もあるので、1年中楽しむことができます。カラーバリエーションも豊富で、選ぶ時から楽しめますね。

飲み口は広いので、ふたを開けるとコーヒーの香りが広がります。どこからでも飲める口なので、仕事中のデスクに置いていても良いですね。価格は2,700円(税込)です。

子ども用なら

象印2WAY コップ&ストローステンレスボトル 450ml

象印2WAY コップ&ストローステンレスボトルは、ストローとコップと両方で使えるので、とても便利。ワンタッチでふたが開いて、ストローが出てきます。そして、ふたの部分には取っ手がついているので、コップとしても使用できるのです。

ネームプレートも下げひももついているので、子供が持ち運びしやすくできています。初めての水筒としてもおすすめです。価格は4,298円(税込)です。

サーモス真空遮断2wayボトル 0.83L/0.8L

サーモス真空遮断2wayボトルは付け替えられるキャップがついています。一つは、直接飲める保冷専用の、ワンタッチオープンのスポーツタイプのキャップ。もう一つは、コップ付きの注ぎやすいフルオープン式のキャップです。

肩に下げられるひもがついているポーチ付きで持ち運びも簡単。名前スペースもついています。「少し大きめかな?」と思う大きさですが、軽くてたっぷり入るので、幼稚園、小学生に最適です。価格は3,250円(税込)です。

失敗しない水筒の選び方

おすすめの水筒をあげてみました。しかし、一度売り場へ行くと、たくさんのメーカー、価格、形のものが販売されていて、目移りしてしまいます。自分に合った水筒を探す時の選び方を知っておくと、選びやすくなりますよ。

保温・保冷効果を確認

人気なのは、保温保冷機能効果がついているステンレス製のもの。中には保冷効果しかないものもありますし、持続時間がそれぞれ違ってきます。何を入れたいかにもよりますが、保冷保温をしっかりとしたい時には、確認するようにしましょう。

清潔感を保つために『洗いやすさ』を確認

水筒の中の飲み物は口に入れるものなので、清潔に保っておきたいですよね。しかし、中には細かい部分が取り外せない、口が狭くて洗いにくいなどの物もあります。

できれば、丸洗いできるものがおすすめです。そして、ふたやキャップが分解できるとより清潔でしょう。汚れが付きにくく、内面が加工されているものもあります。ステンレス製のものは耐久性もあり、さびにくいでしょう。

水筒の底を洗うためには、柄が付いた長いスポンジなどを使うと上手に洗えますよ。また、たまには水筒の「ステンレスボトル専用洗剤」などもあるので利用すると長く使うことができます。

密閉性

水筒はカバンの中に入れて持ち運ぶことが多いので、こぼれてしまっては台無しです。しっかりとパッキンや中栓がついていて、密閉できるものかを確認しましょう。

そして、ふたのしやすさも関係してきます。ワンタッチであくものもあれば、回転してふたのようになっているものもあります。開けやすさ、閉めやすさも閉め忘れの防止にもなるので大切です。

容量

水筒にはいろいろな大きさがあります。定番サイズと言われているのが500mlサイズ。上のおすすめの水筒にはそのサイズのものがほとんどです。

しかし、女性には多すぎる場合もありますし、スポーツをしたり遠出をしたりする時にはもっと多いものが良いでしょう。そういった場合には、300mlくらいのコンパクトサイズもありますし、1L以上の大容量タイプもあります。使用頻度に合わせた容量のものを選びましょう。

飲み口の種類

水筒の飲み口もいろいろ種類があります。大きく分けると次のようなタイプになります。

ワンタッチタイプ

片手で簡単にふたを開けることができて、口を直接つけて飲めるタイプのものです。ペットボトルと同じ感覚で手軽に飲めることが人気です。口がつけやすくなっており、飲み物の量も調節されるようにできています。

マグタイプ

ふたを回してあけて、マグカップのように飲めるタイプのものです。口当たりが良いようなフチにしてあり、一気に飲み物が傾かないようにカバーがついているようなものもあります。

ふたは回転して開けなければならないですが、広い口なのでたくさん飲みたい人にはおすすめです。香りが広がりやすいので、温かいコーヒーや紅茶などの香りまで楽しみたい人にも良いでしょう。

コップタイプ

昔ながらの、ふたがコップになるタイプです。熱いものを飲む時にゆっくりと冷ましながら飲むこともできるので良いですね。小さな子供にもコップがついていると飲みやすい場合があります。最近はコップと直飲みが2wayになっているものもあります。

ストロータイプ

小さな子供に飲みやすさで人気なのが、ストロータイプのもの。飲み物をこぼしにくくて便利です。大人用のストロータイプもありますよ。

デザイン

水筒は持ち歩いて人の目にも触れるということが多くなるかもしれません。そうなると、できるだけおしゃれで素敵なものを持ちたいですよね。

見た目にカラフルな模様が描かれているものもあれば、形がユニークなものもあります。使い勝手を考えて作られたものもあれば、見た目重視のものもあります。見た目だけで選んでしまうと、機能性にがっかりしてしまうこともあります。

自分の好きな色や柄のデザインを探すのも良いですが、一緒に機能性も確認してから購入すると良いでしょう。

重さ

ステンレスの保温保冷効果のあるような水筒は昔はとても重たいものでした。しかし、今は改良されて、とても軽くなってきています。毎日通勤通学で持ち運びをしなければならないことを考えると、重さも重要なポイントになります。

プラスチックやシリコン製のものは、とても軽いので保温保冷効果がなくても良い時にはおすすめです。持ち比べたり、重さの表示の確認をしたりして購入してみて下さい。

水筒の有名メーカー

水筒と言えば間違いないと言われているメーカーをご紹介します。迷ったら、そのメーカーにするというのも良いかもしれません。

  • サーモス
  • 象印
  • タイガー

有名メーカーだけに、性能もデザインも優れたものが多いのです。その分価格も他のメーカーに比べると高くなる場合もありますが、安心と信頼の実績があります。

水筒とタンブラーとの違い

タンブラーと言えば、プラスチックのふたが付いたステンレス製、プラスチック製のコップのことを思い浮かべますよね。しかし、タンブラーとは、本来は「ガラス製の円筒状のコップ」のことだったのです。

水筒とタンブラーの大きな違いは、密閉性にあります。水筒は飲み物を持ち運ぶために作られているので、中身が漏れないように作られています。

タンブラーは、もともとはコップ。ふたは中身が出にくくなる、保温効果が高まる、ほこりが入りにくい、というくらいの役割でついています。持ち運ぶことを想定していないので、ふたをしていても中身がこぼれてしまうということもあります。

オフィスの仕事中のデスク、ドライブ中のドリンクホルダーなどに飲み物を置いておきたい時に便利です。タンブラーは横に倒して持ち運ばないようにしましょう。

水筒にいれる飲み物の注意点

水筒には何でも入れても大丈夫だと思っていませんか?ステンレスの水筒にはいれてはいけない飲み物があるのです。上手に水筒を使うために、注意しておきましょう。

炭酸飲料はNG

炭酸飲料を入れておくと、二酸化炭素が気化してしまい、水筒内の圧力が上がってしまいます。そうなると開かなくなったり、飲み物がふきだしたりして、壊れてしまうことがあります。ドライアイスもいれてはダメです。

塩分の多いものは水筒の種類を確認

水筒の中には、フッ素加工しているものが多くあります。塩分はさびつきの原因になります。そうなると保冷保温機能が低下してしまうのです。

スポーツドリンクの長時間使用は注意が必要

スポーツドリンクは水筒にいれて持ち運びたいという人は多いかもしれません。しかし、ステンレス製の水筒に長時間置いておくと、さびつきや穴あきの原因になるのです。しかも、金属が溶け出してしまうことがあり、それを飲むと、頭痛やめまい、吐き気などの中毒症状が出ることがあるといいます。

スポーツドリンクが大丈夫なボトルも販売されています。サーモスや象印、タイガーの水筒は大丈夫とのことです。しかし、使用後はきれいに洗うことが必要です。

また、プラスチック製の水筒は保冷効果はないですが、金属が溶けるというような心配はないので、スポーツドリンクを入れても大丈夫です。

牛乳、乳製品、果汁飲料

牛乳や乳製品、果汁飲料などは時間と共に、水筒の中で腐敗してしまう可能性があるのです。そうなると、ガスが発生してふたが空かなくなったり、破損したりする原因になります。カフェオレやミルクティーなども気を付けた方が良いでしょう。

自分に合った水筒で美味しく水分補給しよう

飲み物を持ち運びできる便利な水筒。機能性やデザイン性の高いものもたくさん出ていて、どこにいても冷たいまたは温かい飲み物が美味しく飲めるのは嬉しいですよね。自分の好きなタイプの水筒はありましたか?

ペットボトルのように使い捨てではないので、自分が使いやすいと思えるような水筒を選んで美味しく水分補給をして下さいね。

ランキングからフライパンを選ぶ

鍋・フライパンのセット
フライパン単品
取っ手が取れるフライパン
ガス火専用フライパン
総合人気フライパン ランキング

知っておきたいフライパンのこと

今買うならチタン加工がされたフライパンがオススメの理由(表面加工の比較) フライパンの失敗しない選び方 フライパンを劇的に長持ちさせる方法 結婚や新築祝いなど贈り物に喜ばれるフライパン

人気フライパン記事